スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの11月、熊野古道大辺路リレーウォーキング 

長井坂の巻

すさみ海水浴場から見老津駅

実はリレーウォークの3回目で、過去2回は富田坂の巻・仏坂の巻とも申し込んでも申し込み多数に付きひじ鉄砲。

それで今回は申し込み予約当日に申しこんでやっとこOK貰った。

当日と言っても28日(土)だが、9時受付で9時半スタートと言うことで9時前にスタート地点、いつもワンコの散歩に使う浜辺に行った。

スタート前

ところが参加者100名で当方が最も遅い受付、何と言う集まりと驚き。

5班に分かれて、各班に語り部1名と町の職員2名ほどが同行、行程は11キロだからそう大したことも無かろう。。

最初しばらくは普通の道、山手に入ってもしばらくは細いながら車が通る道、その道から分かれて次第に山道。

山道1

熊野古道ウォーキングなんていってるから田舎の地道程度に思っていたが、どっこいちょっとした低山ながら登山道と言うほうが正しいような道。

歩き始めて30分もせぬうちから息切らすような登りの連続。

ところが登りきったところから下りにかかると、眼前が開けて海が見える。

海1

昔の人、熊野本宮へ中辺路通っていってそのまま元に帰る人と、那智のほうに回って熊野速玉大社から大辺路取って帰ったらしい。

海2

大辺路、道が大変で高貴の人が来ることはまれで、但し枯れ木灘の海の景色抜群ゆえ絵師などがこちらの道をわざわざ取ったようである。

たしかに豪い目して疲れたとき、目の前に白波打ち寄せる枯れ木灘海岸見渡せば疲れも飛ぶと言うものである。

いったん海のまじか走る国道まで降りてそこから再度古道に戻る。

今度はあまり大した登りも無くだらだら坂から川沿いの平地を歩く。

まだ大して歩いたとも思わぬが半分ほど歩いたころに昼休み、このころから曇りから晴れに。

昼の休憩場所

実はきついのはこれからで、そこから登りが連続して続く。

只山の木は杉・ヒノキの植林でなく、ウバメガシや樫の木など落葉樹が多く気持ちが休まる。

山2

こちら黒潮のそばとて気候温暖ゆえ紅葉なんて余程遅くならないと見れない。

部分的にはすでに紅葉楽しめるところもある。

山3紅葉

それ以上に海の景色が楽しませてくれる。

海3

延々登りと言うことは同じだけくだり、こちらも延々、枯葉が積もっているだけに滑って仕方が無い。

下りきったところ、テント張ってイノブタ汁の振るまい。

イノブタ汁

おまけにスタート時点までの帰りのバスまで無料で運んでもらった。

どうも、得意の補助金取っての企画であったかと思ったが、語り部はじめ お手伝いの皆さんに、あり難く感謝しておいた。

帰り着いたら何と4時ころ、語り部付きとはいえ随分時間かかったものである。

その後すぐワンコの散歩で夕日の綺麗なのに出会い1日の良い締めとなった。

すさみの夕日


これを書いているのは翌・日曜なんだが、嬉しいことに当方筋肉痛ゼロ。

3匹のワンコの散歩で、ここずっと1日の歩数計の歩数大体1万歩、目に見えぬ形で体力維持に役に立っているようである。

距離的には大したことも無かったが息切らす上り下りにも体対応できていたようである。

低山なら登山も出来そうである。




スポンサーサイト
[ 2009/11/29 21:19 ] 南紀すさみの遊び | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。