スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの8月、精霊流し 

灯篭船と花火

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


15日の夜だから少し前のことである。

でも昔から続いている行事だけに端折るのもなんだかと思い遅ればせながらアップすることにした。

今年初盆向かえる家で、盆前に灯篭船つくり飾っておく。

大きいのは3メートルはありそうで、大体2メートル強と言うところ。

昔は外海まで持ち出してそのまま潮に乗せて流して供養としていた。

ところがある時遭難船があるとて通報があり、海上保安庁の船が出て調べてみたら灯篭船と分かり、大いに立腹。

それで昔からの伝統行事にもかかわらず、町に自粛を求めたらしい。

もちろん当時の灯篭船は今と違ってはるかに大きかったそうで、遭難船と間違っても不思議ではなかったそうである。

そんなこんなと経済的なことも重なって、年々規模が小さくなってきているそうである。

今年は八艘の灯篭船を見かけた。

ところがこの年よりだらけの町で8人しか死んでいないとは肯けぬことで、これはごく一部の家だけが伝統守って精霊流しの行事を続けたようである。

今年初めてビーチの砂浜で108本のローソクともした。

108ローソク


これが夜風に揺らめいて中中幽玄で評判が良い。

そんな中親族一同が灯篭船持ち上げて湾内に進めて泳いでいく。

灯篭船のたいまつ


4・50mもいけばさっさとUターンして戻ってくる、何ともあっけない。

せめて湾の入り口当たりと言ってもせいぜい300メートル程度なんだがその辺りまでは行ってもらいたいもんである。

真っ黒な海に薄ぼんやりと灯篭が浮き出して、なかなか風情があるんだが当方のカメラでは露出が長くなりピンぼけになったりしてうまく映らない。

流石に翌日の地方紙写真付きで記事が出ていたが、写真の出来に感心。

そのあと精霊供養の花火。

花火


何年か費用の関係で中止になっていたが昨年より有志の寄付によって復活。

やはり盆に都会地より帰省の面々には好評で今年も復活継続。

そんなたくさん打ち上げれる訳もなく時間にして15分程度の小規模ながら、多くの人がビーチの階段に座って見物。

これはこれで精霊流しの締めと言う訳で行事に花火ならぬ華である。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/08/22 17:26 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの8月、小学校の水泳大会・2 

田辺・西牟婁郡水泳大会・2

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

水泳大会・1を書いてしばらく開けてしまった。

ついで50mの種目。


男子の50mフリーにO君。

特練に出てきた子はエントリータイム切って出てくると勘違いしていた、それに気つかしてくれた子の一人である。

とんでもなくぎこちないクロール泳いでいて31日のエントリー締め切りに、エントリータイム突破させるのに頭抱えていた。

ところが特練最後のころになってやっと当方の教え守って泳いでくれるようになった、泳ぎがずいぶん良くなっていった。

まず日ごろのO君知ってる先生方が驚くことになった。

「こういうことが起こって、きっとこの子の将来において大きな自信になる」と言うことらしい。

エントリータイムで5秒以上短縮して、正真正銘制限タイム切って泳いでくれた。

決勝なんて次元が違うところだが、特練入る前のタイムで比べればたぶん10秒どころか15秒は短縮できたんではと思われる。

彼の出場したレースの中では上位で泳いでいたんだから。

彼に取れば、決勝進出に匹敵する一大事件である、親御にとってもきっと喜ばしかったことだろう。


女子50m平にS子が登場。

この子も永らく硬い平泳ぎで頑張ってくれて、手強い子だった、軽い平泳ぎとはかけ離れた泳ぎで言っても聞かない。

と言うより聞けなかったのだろう、言ってもすぐ直してやれる子となかなかそうでない子もいる。

とにかく頭突っ込んで手を伸ばして一呼吸おいて、まっすぐ進むストリームライン作れとレース直前まで口酸っぱく言っておいた。

レースになってやっと結構きれいな泳ぎ見せてくれて、エントリータイムを8秒近く短縮、やれば出来る。

もう少し時間が欲しかった!!


男子平はI君登場。

試合前まで飛びこみ出来ないと悲鳴あげて泣きを入れていた。

重心下と意識して、スタート時手をぶらぶらとふっていれば落ち着くと指示。

飛び込みは一瞬、前に倒れこんで少し指先に力入れて飛び込め、どんな飛び込みしようがここのプール深いから気にするなと言っておく

あとはかいた手を一気に前にのばして、そこから名を手を伸ばしながら体重移動と言っておくがどれだけ頭に残ったことか。

レース本番、飛び込みもう一つだが、泳ぎそのものは、手を伸ばしたときにグイっと進む、ここにきて平泳ぎできてきた。

男子平100


こうまでタイム短縮できると思わなかった子の一人であった。

何とエントリー時のタイム8秒も短縮、きっと特連スタート時なら20秒は短縮か?

この子ももっと時間があればである。


最後の個人種目は50mのバッタ。


50mバッタ女子はU子、T子、O子の3人が同一レース。

女子バタ50

フリーや平なら同一チームから複数泳者の登場はここまでもあった。

でもバタフライのレースでは話は別。

すさみにはバッタ好きの泳者が一度に増えたようで、他の学校の注意を引くことになったであろう。

でも前半の特練始める前にはバッタ50m跳べる女の子なんていなかった。

それが31日のエントリー最終日にはバッタ選ぼうなんて子が女子3人男子2人。

U子エントリータイムは3人で一番良かったが後半の特練に入ってしばし低迷。

こちらも色々サジェッションしてみた、それが二かき一呼吸。

頭が出るとスピードが鈍り、頭水の中ならグイっと伸びるからである。

なんかのきっかけがあればその低迷一気に打ち破るんだがとレースの前まで思いっきり頭から突っ込んで手を思い切り伸ばせ。

出来れば体重乗せていけ、体重移動の大事さ最後の最後まで言い続ける。

レースになってなんか吹っ切れたように前半から飛ばし最後少々ばててO子に最後追い込まれたが、何とエントリー時のタイム9秒以上短縮している。

50秒初めて切ったタイム、昨年なら悠々で決勝進出が出来ていたんだが今年は惜しいところで決勝進出逃す。

最後のバテなかったら悠々決勝出れたのに。

T子もゴーグルずらしながらも5秒の短縮。

この子、泳ぎ自体はきれいな泳ぎで一番見栄えしたんだが、もっとU子おっていけなかったのか聞いたら、ゴーグルずれて泳ぎにくかったそうである。

前もってゴーグルずれた時点で取ってしまうか、あごの下にずらせばよかったのだが先持って教えていなかったのだから仕方がない。

可哀そうなことをした。

実は特筆ものはO子でタイムはU子に2秒足らず負けているが、50m競技にもかかわらず、エントリー時のタイムに比べて18秒の短縮。

特練開始時はまだバッタ25mさえ泳げなかったのだから。

特練の後半3日の泳ぎこみでここまで来たんだから教えがいがあるというもの。

まだ5年生、来年は3位から5位程度は狙わせよう、いや優勝争いまで行けるほどに伸びてくれるかもしれない。。

この子も来年に向けて走り込みと腕立て伏せ100回、早速課しておいた。

来年は「惜しいところで決勝進出逃す」と言うことにはしたくない、すさみ小としても残念だし本人はもっと残念だろう。。


最後の個人種目、男子の50mバッタ。

S君、T君が登場。

男子バタ50


S君も14秒ほど短縮、泳ぎも良くなってきたが結構馬力もある。

なまじ馬力があるだけに少し癖のある泳ぎが最後まで治らなかった、そこのところが出来ていたらO子のように18秒短縮もあったかも知れない。

もちろん決勝進出に持ち込めたはずである。

この子のタイムも去年なら決勝進出で来たタイムで、50mバタにては男女ともが堂々の決勝進出、皆で喜んだところである。

当方の指導法、短期間で大いに効果出る方法と分かり、今後は一層良い方法模索してやってみようという気になった。

T君も4秒短縮だが、彼のバタフライが滅茶苦茶だったものが何とか見れるところまで持ってこれたほうが特筆に値する。

この子ばかりは済んでのところでさじ投げそうになったからである、でも最後までこちらも粘って指導したし本人も頑張ってくれた。


最後の団体種目、100mフリーリレー

女子で20秒、男子で13秒近く短縮したものの決勝には女子で30秒、男子で9秒程まだ足りない。

男女とも40秒泳者4人育てれば決勝進出可能がわかった故、来年はぜひとも4人づつ連れてこよう。

フリーリレー200男子



でもなんとしても今年一番の問題は練習時間が足りなかったということ。

幸い今年そんな中でみんな頑張ってくれて、すさみの子だって頑張って練習すればやれるじゃないかと言うことが本人たちだけでなく先生方にも認識してもらえたことである。

先生方の協力なければこれ以上の成果望むのは難しい。

昔2・30年前すさみ小にも熱心な先生がいて、そのころは4月から泳いだり、朝や放課後も練習時間とっての特訓、バケツ引っ張っての伝説の猛練習。

当時すでにあったスイミングに通う子、ものともせずに勝ち誇った黄金期があったそうである。

当方、学外者故そう何でも思いが通る訳でもないから、先生方皆が再びそんな活躍できるようになりたいものと思って呉れなければ無理というもので、やりたいから手伝えということならいくらでもやれるし、また目標出来て面白いというものである。



人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2009/08/17 08:34 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの8月、小学校の水泳大会・1 

田辺・西牟婁郡水泳大会・1

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

朝からカラッと晴れ、いかにも暑そうな1日になりそうである。

6時半に校長さん運転のマイクロバスで上富田の鮎川小学校のプール目指して出発、7時半少し前に到着。

鮎川小学校のプール25mの8コースの公認プールで、深さもありそうで飛び込んでも安心。

青天井でカンカン照りの日差し覚悟していたが、プールサイドの全周にテント張り巡らせてある。

生徒達着替えてアップに勇躍出向く。

7百数十人の参加者が列作って飛び込みから練習スタート、おいそれとはアップのためのプールに近ずけない。

ずいぶん並んだ挙句飛び込みしてやっとひと泳ぎ。

練習風景


最初のレースはメドレーリレー。

女子、練習中に計ったタイムを14秒も短縮、本来の力以上のスタート。

しかし猶30秒は短縮できなければ決勝には残れないと言う彼我の実力差。

女子は6年4名5年2名と少人数での参加だけにリレーには大きく期待できそうにない。

14秒短縮は今日の個人のレースで誰か決勝に残る予兆かも知れない。

男子も大いに頑張って17秒5も短縮だから大いに褒めてやれる。

しかしこちらもまだ10秒程度の短縮が必要だから決勝に残ることは大変。

平泳ぎ

フリーで32・3秒とかバッタで35秒なんて飛び抜けた子がいれば可能性もあった。

スイミングに通える環境にないすさみでは現時点では高望み、しかしもう少し時間かけられたら面白いことが起きそうに思う。

今年メドレーに出るためバックやバタフライ急造での間に合わせ、そのこと考えるとここまでやれれば上出来、去年まで考えればエントリー出来ただけで上出来何である。。


ついで100mフリーにM君

エントリタイムそこそこ良かったものだから、あと特練で測ったら疲れていたか、却ってその都度20秒も12秒も遅い。

それでも試合では3秒ほど短縮してきた。


次に登場は100平のS子

彼女 他の子との出場種目の選定で平の100mにいやいやエントリーした為あまり乗り気でなかった。

もともとタイムも早いほうではなかったが、それでも特練最後に計った時には泳ぎがきれいになって10秒以上も短縮。

レースでも 手を思い切り伸ばして言ったこと守って、きれいな泳ぎ心がけて泳いでくれた。

女子平100


折り返しでチェック中の審判員まで泳ぎのきれいさに感心して褒めていたそうである。

馬力だけでピッチ上げて泳いだ子供にもタイム的には負けた子もいたが、本人なりに頑張って泳ぎ切った。

それだけにタイムもエントリータイムから20秒近くも短縮でき、力のない子にもきれいな泳ぎ教えたらタイム上がるという典型を作ってくれた。

教え甲斐があったというもので当方の教え方間違っていなかったと認識。

決勝に残るにはまだ20秒近くも短縮せねばならぬ。

彼女まだ5年生、来年にはそこからのスタートだけに今年に比べたらはるかに条件よし、同じ100平でリベンジさせてあげよう。

7月末日のエントリー最終日になってやっと出場種目が決まるという時間不足の特練不足。

今年基礎体力向上なんて何もできない中の特練、水泳のシーズンオフにも来年考えて走り込みと腕立て伏せ指示しておけば、来年はずいぶん良いスタートが切れる。


次いで100平男子にO君の登場。

特練前半で泳ぎの姿勢良くなって、エントリータイムが既に昨年の決勝ラインに到達。

順調に伸びてくれれば、最も決勝に進む最右翼と目していた、それどころか決勝でも良い勝負しそうに期待していた。

ところが特練途中に左ひざの裏の腱を痛めてそこから順調な伸び見込めず。

「好事 魔多し」の典型となってしまった。

でもエントリータイムより2秒近く短縮して予選泳ぐことができた故決勝進出は確実と思っていた。

でも惜しくも9位で8位以内に入れず、順調に推移出来れば、こんなところで落とされることにならなかったにと残念の極み。。


ついで100メートル個人メドレーにS子の登場。

ここしばらくすさみの子供は個人メドレーにエントリーすらしていなかった。

バッタが跳べなかったからで、確かに教える側にしても当方ほどバタフライを好むものも少ない。

本年当方が手伝うことになってバッタ皆見る見る上達してくれた。

バッタの種目にまとめてエントリーするだけでなく、個人メドレーまで男女2名がエントリーしてくれた。

特練前半でぐんぐん記録伸び出した、しかしながらがS子のエントリータイム去年の決勝進出タイムに比べて15秒は悪かった。

最後の特練でそれまで遅かったバッタ一生懸命練習して力をつけ、当日レースにおいて16秒も短縮して去年なら決勝進出で来たタイム叩き出した。

男子の100平に続いて女子の100個人メドレーでも見込み違いをしてしまった。


100メートル個人メドレー男子にY君

男子の100メートル個人メドレーのY君も決勝に残る有望種目であった。

ただ彼だけは2・3年生のころスイミングに通っていたようで、何かにつけて小器用で皆をなめたところがあって練習にも手抜きが見受けられた。

だからこちらの言うことも上の空が多くて、そのうち力つけてきた子たちに抜かれ出しそうな予感がしていた。

ただエントリータイムから見れば最も決勝進出が期待された、あと一人抜けば決勝なんて位置にいたんだから。

レースでは8秒近くエントリータイム短縮しながらこれも11位か12位で決勝に進出できず。

あと2秒ほど短くできたらと悔やまれる、ただ彼の場合昨年の決勝進出タイムに設定していたタイムより2・3秒悪かった。。
>


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2009/08/10 16:45 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。