スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月、食欲の秋(2) 

すさみの川でウナギ捕ったドー!!

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

先日来、藻屑ガニ漁大漁と言うことはすでに書いた。

今朝もカニ篭引き上げるとズシリと手ごたえありで自然と顔がほころぶ。

残した半分のカニ


所が手前まで引き上げてみて大いに驚いた。

何と結構大きなウナギがカニとともに入っている。

ウナギ


今まで、カニ以外では手長エビとかウグイが入ったりしていることがあったがウナギが入っていたなんてことは初めて。

手長エビも結構美味なんで大いに喜ぶわけだが、ウナギと来てはそんな程度ではない。

すさみ川の上流をさかのぼりトンネルのところが分水嶺になって、その先は古座川に注ぐ支流でアユやウナギがいる。

そのあたりを佐本と言うんだが、毎年10月に「紀伊上臈ホトトギス」なる花の見ごろに祭がある。

その折、現地で取れたウナギが弁当で売られており、素人の手つくりと言うこともあって安く手に入る。

それですさみの天然のウナギのうまさ十分賞味済みである。

養殖ウナギのように身と皮の間に厚い層になって油が鎮座していることもなく、しっかりした身で味はあっさり目である。

こいつを食ってしまうとしばらく養殖ものが食べられない。

だからウナギがカニ篭に紛れ込んでくれて大喜び、ご理解いただけよう。

それも計ってみたら60センチ近くの大きさで食べ応えありと言うものである。

流石にカニ篭のたくさんのカニどもに痛めつけられたのか、大きな容器に移しても青息吐息で、案外早くに死んでしまうかと心配した。

この時点では右手で持ち上げてもじっと大人しく、逃げる様子もない。

所が大きな容器に移して3・4時間もすると、今度は捕まえようとしても中々つかまらない。

ウナギ天からのシルバーウイークのプレゼントで来てくれたと喜びはしたが、ハタと困ったことが起こった。

当方も家内もウナギなんて捌いたことがないのである。

こちらに来て1年ほどして、当方 家計の足し代わりに魚釣り始めていろんな魚釣ったため、家内フグさえ料理出来るほど上達したがそれでもウナギは今までrお目にかかることがなかった。

魚ならどこから包丁入れておろすかなんて見ればわかるがウナギ何とも分かりずらい。

とにかく分からぬまま2人がかりで何とか包丁使うがなかなか切辛い上に真ん中の骨が外せない。

一杯骨の周りに身がついた状態でやっとこさっとこ骨抜きだしたが、何とももったいない料理ではあった。


捌いたウナギ


白焼きにしてたれをつけて食べたが、養殖物との差歴然で、ど田舎の自然に感謝である。

初めてこちらで釣りして、アジやイワシでさえ造りで食べれることが分かり大いに感激した。

でもド田舎の自然に積極的に入っていかないと、目の前の宝一生見つけることにならない。

今回もカニ篭仕掛けていなかったら、ウナギはいることもなかった。

とにかくたとえ少なくてもウナギいることが分かったから、今度は初めからウナギ狙って仕掛けして見ようと思う。

でも次までにウナギのさばき方、教えてもらう必要が大いにありである。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/09/19 21:05 ] 南紀すさみの自然 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの9月、食欲の秋 

藻屑ガニ、賞味

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

上海ガニともなると中華料理でそれこそいろんなレシピがあるんだろうが、親せき筋の藻屑ガニとなると扱いいっぺんに悪くなってしまう。

第一値段が全然違う、味のほうそこまで差があるとも思えんが、5倍どころか10倍近く差があるように思う。

こちらでは塩水で茹でるか、蒸すぐらいのことである。

味は蒸すほうがうまいが、塩味付いてるのも捨てがたい。

とんでもないほど沢山とれたが、あまりに多いもんで容れ物とのバランスで随分死なすこととなった。

今回蒸すことにしたが、自然の味でこれはこれで中々乙で、ビールのあてとしては秀逸である。

茹で藻屑ガニ


家内あまりとってくるもんで贅沢にも文句タラタラ、でも食べる段になるとしっかり食べて舌が痛いなんてこぼす。

でも取れなければやはりさびしい限りでとれる子下ことはない。

どちらにしても小さいのは再度川に放すのだからいくらとっても取れたらとれただけ話す量が増えると言うだけである。

ただ沢山とれれば中には大きいのも混じるから、その分大きいのが食べれるからハッピーと言うことになる。

今はほとんど小さいのは、放流するんだが、高知の四万十ではすり潰して味噌汁にするんだがこれがまた旨かった。

家内そういうのは面倒かして小さいのはすべからく捨てるよう主張してやまない。

マァ資源の枯渇防ぐ意味ではそのほうが良いかもしれない。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2009/09/14 21:14 ] 南紀すさみの恵み | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの9月、シーズン到来 

藻屑ガニ漁

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

すさみ川には漁協と言う厄介な存在が無い。

近くの日置川とか富田川には漁協という名の利権団体が存在する。

鮎のように稚魚の放流などをして入川料とるのは分かるが藻屑ガニや手長エビとるのですら鑑札発行して金を取るそうである。

もちろんウナギだって同じはずである。

川なんて誰のものと言う訳でもなさそうなのに、専門的に漁でもするならともかく個人が食べる分とる程度であっても金ふんだくるは不逞輩と思わざるを得ない。

そんなことが許されるなら、親代々鍛冶屋続ける所に新参者が入れないと言うことになろうし、個人商店があるなら大型店の進出あり得ないと言うことになる。

でも実際はそんな保護してもらえないから小さい店がどんどん廃業に追い込まれていく。

所が川だけでなく海だって素人が魚ついたりエビとったりすると、釣り以外では刑事罰の対象なんて言ってくる。

もっと栽培漁業に力入れて将来見据えて計画的にやるなら利権も分かるが、何の努力もなしにあるものあるだけ取りつくす漁業やっていながら利権振りかざすなら全く過保護ということである。


話が脱線した、とにかくすさみ川には漁協と言うものが無いおかげでアユをとろうがウナギをとろうが藻屑ガニとろうが誰も文句言うものが無い。

例年9月の中頃になるとカニかご仕掛ける。

カニ篭


今年も例年どうりの場所にカニかご仕掛けてみた。

篭の仕掛け場所


1日目は大小取り混ぜて25匹ほど入っていたがまだまだ小粒が多い。

産卵のため海に向かって川を下るようである、その通路に仕掛けがあると同じ事でも収穫が増えることになる。

なぜか雨が降って増水すると入りが増える、昨年・一昨年には100匹以上入ったことがある。

2日目に少し雨が降ったので多少期待していたが川の増水ほとんどなく当て外れと思いながら上げてみると紐引くだけでよほど入っているのか重い。

重い筈で過去これだけ入ったことが無いほど篭の中に蠢いている。

多すぎてとても数勘定するどころでない、もう一つのかごも30匹ほど入っていて気分の良い大漁である。

獲物


これなら小粒放してやってもまだまだ十分のこる。

むしろ多すぎて泥吐かしている間に死なしてしまいそうで嬉しい悲鳴ということになる。

本当に大きいのが減っているだけに、味は上海ガニの親戚だけあって旨いんだが身をほぐすのに面倒なのが玉に瑕。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2009/09/13 20:25 ] 南紀すさみの恵み | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの9月、政権交代選挙 

選挙のしこり

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

先の選挙に触れてみなければ成るまい。

流石ど田舎和歌山と思わざるを得ないことがあったからである。

大体において現職が強いと言うことは誰だってわかるし、事実市長選や知事選だって役所が現職応援する。

当地は和歌山3区になり、湯浅町から御坊市・田辺市・西牟婁郡・東牟婁郡まで相当広範囲ながら1区の和歌山市だけの選挙区より票が少ない。

それだけ新人の候補者にとって非常にやりにくい地域である。

そこへ持ってきて現職の自民党議員はかの有名な道路族の二階経済産業大臣なのである。

現職大臣だけでも知名度で大きな差がつく訳で、民主新人の玉置候補としては何とも大きな壁に喧嘩売っている訳である。

いわばライオンに褌一つで喧嘩しようとした訳である。

其の上玉置候補 切歯扼腕させたのが自治体の長が、すなわち仁坂知事初め市や町の長が各地の選対本部の委員長をひきうけたのである。

そしてたちどころに各地に二階事務所が出来あがって街宣車が走り回ることとなった。

過去の道路のしがらみで二階側から要請あってしぶしぶやった事なのか、あるいはよその市や町に先駆けて率先して引き受けたのかはこちらの預かり知らぬことである。

どうも自民が勝って二階が有力大臣でも引き受ければ同じ3区のほかの市や町押し乗けて甘い汁引っ張らねばと言うことで積極的に保険かけた節がある。

玉置陣営にしたらなんと卑怯なと思わずにはいられないところ。


確かにおかげで二階候補3区で当選できたが、自民は全体としてガタガタ。

大物議員と言えども刺客に打ち負かされまくりでかろうじて比例で復活、でもそれなんかは良いほうで比例の復活さえ果たせず打ち死に。

累々と屍さらして300から118と大凋落。

一方民主はと言うと308の大躍進。

この308の中に3区の民主の玉置候補が比例で復活。

あれだけ選挙対策揃っていた二階候補1万5千差まで追いつめての大善戦。

途中逆転か?なんてマスコミに書かれて2階陣営の引き締めと最後のあがきによって結局敗戦するもその善戦効いて比例で復活。


二階議員も政権党の道路族なれば確かに道路引っ張ってくるようなことに手を貸すだろうが、大凋落の野党とあって何ほどの力出せるか誰がかんがえ手も分かると言うもの。

こちらの地方紙ですらそのあたりの知事初め・市長・町長の見通しのなさ指摘。

流石に副知事玉置陣営に選挙の翌日ご機嫌伺いしたようだが、そんなことでしこり取れなんて甘すぎる話である。

と言って地元の首長共対立候補に走ったからとて地元にそっぽ向いていては次の選挙戦えないから 露骨に嫌な顔見せも出来なかろうがわだかまりなしとも言えない。

ただ全体として紀伊半島一周の高速道路とはおいそれ行きそうもなくなったことは当方だってわかる。

せめて二階落として玉置が3区で当選ということなら、民主の思いも変わろうかも知れぬが首長こぞって道路族議員応援なんてするのだから全くかわいげがない。


尤も本当に高速道路が必要かと言えば、正直言ってそんな費用対効果の悪い所に高速道路持ってくると言うのが土台大きな間違い。

ただ今まで各地でそんな道路に金が投じられてきたから和歌山だってということになるだけである。

だから全て受益者負担の原則押し通してきたならここまで高速道路の借金無かろうどころか、償却済みの道路どんどん無料化できて名神も東名も中央だってタダのはずである。

それを道路特定財源なんて利権の温床作り上げて、タヌキやイノシシしか走らない高速道路が出来ることになる。

林野庁だってバカげたことをしまくっている。

高速道路ほど目につかないから猶始末に悪い、当地の山奥だって猪や猿にこんな広幅の高速道路並みのスーパー林道どうするのかと考え込むような道がある。

もちろん走っている車などほとんど見ることが無い。

と言っても当方だってそんな道 夜にに走る訳でもないから実際にタヌキやイノシシ走ってるの見てるわけでもないから本当のところは分からぬ。

しかしながら人も車も走らぬところをせめてタヌキなと走ってもらわなければ林野庁も作った甲斐が無かろうと思うのである。

だから無駄排除を声高に宣言して、こんな無駄することがなくなれば「タヌキやイノシシにせめて走ってもらえ」なんて依頼する必要なくなる訳で将来に借金のつけする必要もない訳である。

ただ族議員が利権飛ばされ、役人が天下り先減ることさえ我慢すればよいだけのことなんである。

すべからく費用対効果プラスになるようにさえ考えるだけで借金の大きな部分が減りそうである。

確かに「和歌山だって高速いる」とのたまう連中さんは、災害時の保険であるとか道路が良くなれば経済だって良くなるなんて二言目には言う。

災害時の保険なら高速道路でなく金のかからぬ一般道作れば十分だし、四国の例見ても分かるが高速道路来ても地元潤うなんてことは絵空事の希望的観測にすぎない。

何回も言うようだが利権と天下り助けるにすぎない。


民主、官僚抑え込んで大いに無駄削って借金将来に先送りせずの済ませて貰いたい、それが政権交代の意義であろう。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2009/09/04 21:16 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。