スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの5月(10年),生活習慣病対策会議 

プール利用による運動療法

昨年小学校の水泳授業の手伝いをした。

それで学童が使わない時に生活習慣病の対策や予防にプールが使えるのではと思い至った。

元々当地には温水プールが無い。

私設のスイミングスクールだって無いから、夏以外に泳ぎたければ田辺市か串本町に行くしかない。

田辺市j人口5万の町にスイミングスクール2つ、串本町は1つ、共に35キロ以上はなれてる。

人口5千の町では会費取るプライベートのスイミングスクール成り立たない、先ず生徒が集まらない、当地の3・4倍の串本町でさえ委託の町営のプール経営は赤字だそうだ。

温水プールは町営で無料ということにならなければ、経営も人集めも無理なのである。

只よそのスイミングのような使い方でなく、生活習慣病の運動療法にに積極的に使って医療費削減効果がでれば、維持費に金がかかっても医療費削減効果がそれ以上あれば良いわけである。

そして町に温水プールがあれば、都会からの移住者の受け入れに大いに力発揮すると思われる。

彼らの一番心配は医療の環境が都会ほど完備していないことである、ところが温水プール使って高齢者の健康維持に町がちからいれているとなれば、大いに共感を与えることになる。

それに、学童にとっても今は田辺・西牟婁郡の水泳大会、田辺のスイミングに通っている子が多い小学校が上位を占めている。

昨年、折角当方が教える以上決勝レースに残って活躍できるようにと、当地の小学校の子供たちに付き合ったが、如何せん天候不順もあって練習時間不足で惜しい子もいたが結局決勝には残れなかった。

其れが冬だって練習できることとなるから、皆決勝に残って自信つけることが出来るだろう。

当地の人の中でも田辺のスイミングに行って水泳遣りたいんだが余りに遠いので諦めている人だっている。

こちらも温水プールが町にあれば大いに喜ぶはずである。

町営プールで、町民皆泳を謳い、元気で明るく健康で長生き、オマケに医療費が少ないとなれば、長生きだが寝たきりで楽しみも無くオマケに医療費高額より、いくらよいか分らぬ。

といっても温水プール作れといっても、作るのも維持費も金がかかる、出すのは舌出すのもいやというほどの貧乏誇っている当地としては無理な話は100も承知。

それゆえ、実際に生活習慣病の患者や予備軍でデーター取りしませんか言うのが当方からの提案。

福祉センター内の地域医療の担当者に女性の看護師・介護支援専門員2名、町の環境保健課長と女性保健士2名と当方の7名が役場の会議室に集まった。

当方の説明で大体理解してもらえたようである。

学校プールの使用について学校長の許可は確認済みで、教育長に関しては環境保健課長から話してもらうことと成った。

後許可が正式に出た段階で、モニターの募集でこれは許可がでてからのこととなった。

最初に話を出してから実に半年が経過、ちょっとしたことでも随分時間のかかることと思わされることと成った。

当方の主張は町としても悪い話ではないと信じるだけに尚更である。

それにプール作るほうは、町民の健康維持のための取り組みだけに補助金だって期待できそうだから案外解決策はありそうで、むしろ維持費のほうが難題かも知れぬ。

これらも太陽熱利用や山だらけの当地の間伐剤利用という手もありで工夫次第でなんなとなる、最初からだめと決めてしまうほうが何一つ出来ぬことになる。
スポンサーサイト
[ 2010/05/31 17:30 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(1)

南紀すさみの5月(10年),熊野古道中辺路・ウォーク 

大日越(湯の峰温泉ー本宮)

先週の土曜日・古道ウォーク。

熊野古道・中辺路1

町の歩こう会の催しで熊野古道と言うことで、なにわともあれ即刻申し込んでおいた。

何せ熊野古道に興味あれども交通の便利が悪く、車で行こうものなら、と言って車しか殆ど考え付かないのだが、置いて歩き出してもその場に戻ることは無いからおいそれと行きにくい。

だからこういうツァーでは歩き出すスタート地点まで運んでくれて、そこから歩き出して
着いた所にバスが来て待っていると言うのは、何とも助かるのである。

それに「語り部」まで頼んで用意してくれる。

只難点は歩く距離が極端に少ないから余りにあっけなさ過ぎることである。

当町は高齢化率目下40%、2025年には63%、実に全国7位と一桁を誇るらしい。

あくまで予想だから、今以上に住みよい町ということになれば、こんな数値に成ると決まった訳ではないから、今から心配して嘆く必要はない。

それこそ良い町作りにかかっている。

そんなわけで高齢者の参加者が結構いる、当方なんて若い方かも知れぬ。

それで今回コースのアップダウン険しいこともあって行程たったの3.7キロ。

これでは歩数計だって大して動かないはずである。

多分当方が朝晩ワンコ共とする散歩のほうが歩数計の数値大きいだろうとおもわれる。

でも矢張り便利は便利であるからそこは目を瞑って参加した。

50年前の昔なら全行程歩いてどころか京都出発点にして本宮で止まらず伊勢まで行くぐらいのことはした筈だが、残念ながら当時熊野古道なんて話が無かった。

当方50年近く前、未だ学生時代に鹿児島から網走まで3回に分けて日本縦断3200キロと言うのを歩いてしたことがある。

その最初の東京から大阪を、東海道から途中渥美半島から伊勢にフェリーで渡り紀伊半島周りで大阪まで歩いた。

当時未だ紀伊半島は舗装も出来ていず、ダンプの埃かぶりながら延々と歩いたから、熊野古道ほどには酷い道ではなかったが、距離的には其れに近い距離をすでに歩いたことに成る。

おまけに20キロ以上の荷物かついで連日40キロのノルマで歩いた。

いずれテントかついで熊野古道歩きに再度挑戦してみたいと言う理由お分かりいただけよう。

スタートの湯の峰温泉は歴史のある温泉らしいと言うより文献に最初に出てくるそうである。

つぼ湯と言うのが会って1度に2名しか入れぬ、その上予約制とのことである。

熊野古道・中辺路2

その横を通って山道に入る。

熊野古道・中辺路3

木や石を使って階段状に道が続く、其れが延々と。

熊野古道・中辺路4

途中鼻欠け地蔵の前を越えて未だ暫し上り坂。

熊野古道・中辺路5

もっとも全行程でも3.7キロだから延々と言っても高の知れたことではある。

バスの止まったところはアスファルトだったから結構暑かったが、山道に入ると登りが続くから汗はかくが、それでも爽やかである。

結局3.7キロの半分ほどのところが峠でそこからは下り坂。

こちらのほうが急だから逆さのコースのほうがえらいかも知れぬ。

熊野古道・中辺路10

本宮大社の30年ごとの屋根の檜ハダ葺きのためヒノキの表面の皮を削った木が色を茶色に変えて立っている。

30年に1度のことゆえめったに見れるものではない。

熊野古道・中辺路6

その下り坂の降り切った所が本宮の大斎原(おおゆのはらと読む)である。

いかにも癒しの空間との思いがする。

熊野古道・中辺路8

その先が馬鹿高い鳥居、横が42mで高さが34mで日本一だそうである。

熊野古道・中辺路9

明治22年の大洪水では34mの鳥居の三分の二まで水に浸かったそうな。

熊野一帯に降った雨3日で900ミリ、其れが一気に熊野川に流れ込んで大洪水を引き起こしたとのこと。

死者5000人と言うから、インド洋の津波並みである。

そのため本宮大社が少し離れた現在地に建て直されたそうである。

熊野川の川原で昼食にして本日の歩きの行程おしまい。

そこからバス、途中道の駅によって2時間半かかって帰り着くとすでに4時。

わずか3.7キロ歩くだけで朝の8時半に出て4時帰着、何とも1日が勿体無い気がしてしまう。



[ 2010/05/25 17:14 ] 南紀の地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの5月(10年),イノブータン王国建国祭・イノブタダービー第4報 

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン建国祭-4

第4レースは3時の出走。

少し早い目に浜辺に着いたら魚の手つかみの催しがすんだところであった。

魚の掴み取り1

P1010102

この浜のすぐ東に近大の養殖場があり、いつもそこから安く魚を持ってくる。

だから参加料1000円でも器用な子はその何倍もの魚を手つかみ出来るから、其れを知っている親は子供に1000円の投資をする。

今回はどうしているか聞き漏らしたが、前は全然駄目な子には別に魚くれたり、取れない子だけ残して再度取らせたりしたから、全く損をさせないようにしていた。

大きなタイ手に持って親に写真撮ってる子もいたから結構楽しめたことだろう。

其れとカヤックの1時間耐久レースがあったりしたようだが、帰っている間に終わっていたようで写真は撮れなかった。

クルーザーで近辺を回って外から湾を見せる催しもあって丁度帰ってくるところに出くわした。

クルーザー

4レースの速報やっているといろんな催しスルーで、他にもイノブタうどんの早くい競争とか、イカの皮むき競争、ルアーの的当て、建国記念パレードや和太鼓の演奏なども見ていない。


いよいよ最後の第4レース、今回もスタート付近でカメラ構えることにした。

スタートのケージに入れられる時は、やはり変なリボンとナンバープレートつけられるものだから元気なウリボウ、キーキーと泣き喚く。

スタート

最初のレースの時47日目といっていたが、44日と訂正していた。

観客も3レース見ているから今回はどのようなハプニング起きるか、結果気にせず笑う用意して待つ。

最初ゲートが開いたときは1匹だけ飛び出したが、すぐ皆で団子になって勢子訳の幼児に追われてゆっくり進む。

イノブタダービー8

イノブタダービー9

イノブタダービー10

そこからまおちゃん一揆に抜け出して独走。

ところがと言うかやはりと言うべきか、ゴール寸前後ろ振り返って逆走。

イノブタダービー11

何回か前進逆走団子になって繰り返して、最後はマオちゃんカメちゃんの順でゴール。

1-2の豚券に残り福与えて、本日のメーンイベント終了。

そこで当方引き上げたがこれからみなして後片付け。

ワンコの散歩で浜辺に行くころにはあらかた片付いていることだろう。

[ 2010/05/03 17:15 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(18) | CM(0)

南紀すさみの5月(10年),イノブータン王国建国祭・イノブタダービー第3報 

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン建国祭-3

12時30分からの第3レースに行った。

第2レースで懲りたので今回は少し早い目に行って待つこととした。

1コーナ回りきった少しのところで待ってみた。

イノブタダービー5

思惑通り出てしばらくのところであったので未だ一塊でカメラには収まりやすかった。

イノブタダービー6

6匹はまだまだ元気で、固まってしまうと元気も感じにくいが、ところが脱兎のごとく他気にせずに走り出すとやはり猪突猛進である。

ジョウジマ1頭だけ抜け出して一目散にゴール目ざして走り出した。

ところがそれでゴールに飛び込めば勝負会ったになるんだが、ゴールぎりぎりで後ろ振り向いて今度はすばやく逆走。

あっという間に皆と同じどころか逆に抜き差ってしまった。

イノブタダービー7

いちいちレースの模様実況すると時間がかかる、結果のみ書くと1位ダイスケで2位にあのジョウジマが入った。

結局3-5である。


朝は未だ肌寒いところもあったが、日が昇るにつれて気温どんどん上がって、潮干狩りしていた連中の中から海に浸かりだした。

すさみビーチ1

中には岸壁から飛び込んだり泳いだりしている。

すさみビーチ2

隣町の白浜の白良浜では今日が海開きだから、ここだって泳いでいかぬと言うわけではない。

只、白良浜には川が流れ込まないが当地のすさみビーチにはすさみ川が流れ込んでおり、たとえ黒潮の影響で海水温高くとも川の水が引き下げている。

夏だって浅瀬はあったかくとも少し深場に行くと冷たく感じるほどだから。

だから必ずしも白浜ほど水温は高くは無いが、マァ岸辺近くは未だましだから、浅瀬でバチャバチャなら先ずそう寒くも無かろう。
[ 2010/05/03 14:13 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの5月(10年),イノブータン王国建国祭・イノブタダービー第2報 

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン建国祭-2

第1報アップしてから10時50分からの第2レースに行った。

レース自体は5分前についたがレース場の周り人で埋まって撮影できる状態ではない。

やむなく階段の観覧席の上から応援風景を写してみた。

イノブタダービー観衆

レースが始まっても例の如しでのんびりしたレース展開なので最終のストレート部分に行って反対側のレース風景を撮ってみた。

いに豚ダービー3

勢子役の子供の姿が取れている、それに着ぐるみのイノブータン王国のサミー王子の追っている所も。

イノブタダービー4

独走状態から逆走あったりで観客大いに楽しませての結果はマオちゃんユウセイの1着2着で1-6.

イノブータン王国の建国際は姉妹都市の寝屋川市からも鉢かずき姫の着ぐるみ参加で当町のイベントに巻き込まれたようである。

イノブータン王国建国際

当町の町長や議会関係者も勿論真面目腐っての登壇である。


少し昼には早いが昼の食事かって帰ることにした。

当方、摂南大の水泳部の名ばかりのコーチを20年以上していた。

昨日イベントの手伝いで参加中の摂南大のボランティアグループの連中が潮干狩りのあさり撒き手伝っていた。

そこで彼らと知り合ったんだが、彼らが店を出しているのでそこで買うことにした。

例年は殆ど家も近いこともあってビールは買っても食事まで買うことも無かったが今年は
彼らから買うことにした。

それで豚券の引換券がついて来たので今年はせざるを得ない。

ここ30年以上馬券買うことも無かったのに禁を破った気がしている。

其れまではいかにして万馬券当てるかを調べて結構当てたものである。

確か3万近いのもあったはずである。




[ 2010/05/03 12:02 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

 

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン建国祭-1

朝の8時を待ちかねてと言うより8時前からイノブタ汁の振る舞いに早速長蛇の列。

イノブタ汁

昨年は並ぶのが嫌で食べなかったが、今年は入ったところから並んでいて自然に後に続いた。

炊きながらで舌やけどしそうなと言うより少々やけどしてしまった。

味は当方のように糖尿指摘受けた向きには良い塩梅で薄味。

未だカンカン照りでも無いのに、半袖のみとしては丁度良い加減で感謝である。

浜では潮干狩りがすでに始まっている。

多くの子供連れが浅瀬に足つけて盛んにアサリを探っている。

潮干狩り

何年か前に撒いたアサリ砂の上に上がってきて殆ど前日に取られてしまって以来今は立ち入り禁止措置が取られている。

立ち入り禁止

今年は充分アサリが取れたことだろう。


イノブタダービーの第1レースは9時半から。

スタートのところで写真取るため早い目にスタンバイ。

イノブタダービー1

レースは例年のごとく迷走珍プレイ続出、何せ生まれて47日目のイノブタのウリボウである。

イノブタダービー2

レースの何たるか覚えさせる訳にも行かずというよりはじめから教え込む気もない。

そんなレースを多くのマスコミカメラ構えて写しているから町の作戦大成功。

行ったり来たり散々繰り返してやった2等がゴールしてレース成立。

でも元気なウリボウそのころゴール間じかで勢子に終われて逃げ回っているから、このウリボウの豚券持ってる人は大いにガッカリ。

1位はカメさんで2位がダイスケの2-3で決着

イノブタダービー出走票

あと少し物産打ってるテントのほうに回ったが例年以上の人出のようである。

結構食事関連の焼きそばやおにぎり、アイスクリーム、ビールの店が繁盛しているようである。

もち炉こうなると駐車場は満杯で海岸通りは違法駐車の列だが当局もこの日は目くじら立てて摘発しない。


[ 2010/05/03 10:31 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの5月(10年),イノブタダービー迫る 

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン建国祭り

もう明日が当日である。

浜には28日以来建国祭のメーンステージと競豚場が出現しており、当方の3匹のブルのうち一番暴れん坊だが又一番怖がりのブッチョ、散歩の時でも近づきたがらない。

浜辺1


怖気ながらそろそろ歩く姿には、日ごろの傍若無人知ってるだけに笑ってしまう。

未だ芝生の物産販売の屋台と言うか野外テントは、レンタルの機材が付いていないから、旗だけが風にあおられバタバタはためいている。

メーステージに競豚場の組み立てよう柵は、町か商工会かの自前かして早い目に準備しているようだが、レンタル資材は早い目に借り出すとそれだけ余分に金がかかる。

だから毎度ぎりぎりになって持ち込んで設営される。

当日の出品者たちは設営されてから大慌てで準備にかかる必要があるので大変。

2・3年前前日雨の時は多分相当混乱したことだろう。


それから出走のイノブタのウリボウ、当地の県の畜産試験場から持ち込まれるのだが、今年のはどのようなのか先日見に行ってデジカメに撮ってきた。

展示用のイノブタのウリボウ、すでに60日程度にも拘らず結構大きい、これなら勢子役の子供大変そうと思っていたら、出走ようのウリボウはもう少し小さいのが用意されているようだ。

ところがブログにアップする時はいつも640*480のサイズでで写すんだが間違って大きく取りすぎてしまって、容量オーバーでブログにアップできない。

ウリボウ2

ウリボウ1

試験場の場長さんからもメールで送ってもらったのだがこれも2.7メガほどもありアップ不可でお見せできない。

画像サイズを小さくしてアップしようとしたが、これまた保存場所に行き着けないので今のところアップ不可。

又出来たら改めてアップすることにする。


[ 2010/05/02 08:52 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。