スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの7月(10年),生活習慣病予防・対策 

7月6日(火)・稲積ビーチで水中ウォーキング

すさみ水泳クラブの中の生活習慣病の予防と対策の成人の部の発足である。

7名でのスタートとなった。

入水者より見学者のほうが多いスタートだったが、最初はこんなものなら良しとすべき、
もっと応援者の多い大阪でのことならともかく、知り合いも少ない当地でのスタートならやむを得ない。

町のためになることとはいえ、行政の協力も無い中ゆえ知らせた範囲もごく限られた中ゆえ上出来かも。

これが、町での温水プールや海水プールのスタートとなるかも知れぬ、運動しなければ未来永劫出来はしない。

したからとて出来る訳でもなかろうが、いつかは瓢箪から駒なんて事もある。

hamabe



元はすさみ小学校のプールで町の環境保健課と地域医療センターのリハビリ部隊と協力して、プールの効用のデーター採りの計画が出来ていた。

医療費削減の効果が目に見えてでてくるようなら、町に冬でも泳げる温水プールの必要性と、プールの維持費と医療費削減が天秤にかけられてプールが出来る可能性があると見た訳で、そのようなことで町に提案をした。

ところが学校側の許可がでていたが、教育委員会の反対にあって計画が頓挫した。

町側は多少とも町と関係深いホテルの屋外プールでもという事で交渉して貰ったようだが、そちらも良い返事がもらえなかったらしい。

らしいというのはこちらが交渉の席に同席したわけでないので、どのような交渉がなされたかは不明である。

将来的に高齢化率が近隣にぬきんでた当町として医療費削減は絶対的必要とすることである。

だからそのようなことで、運動止めることも出来ぬ、湾内のビーチは波も少ないゆえここでやることにした。

只そのお陰で、プールで無く海なら怖いと町の環境保健課は降りると言い出した。

砂浜の波の静かな浜がそれほど怖いなら、どうして海水浴場の看板上げるか聞いてみたいものであるが、役所とはそういうものだということだろう。

但しこのような催しの告知は出来ないと参加者を集めにくいということで、何回か公民館に通った。

チラシを配ってもらいたかったからで、当初は協力的と理解していたが、あるときから風向きが変わった。

結局協力できぬとはねられた。

実は公民館という独立した分野と思っていたが、教育委員会の下部組織ということが分った。

最初から無駄をしていたようだ。

結局当方の僅かばかりの当町での知人に声かけて本日の5時過ぎよりスタートさせた。

水中ウォーキングが結構浮力のため膝に無理がかからぬだけでなく、そこそこ運動の負荷があり、生活習慣病対策に最適と思われている。

ところが止むを得ずビーチということになった訳だが、海水の効用調べていて、タラソテラピーに行き当たった。

タラソテラピーとは海洋療法と訳されフランスやドイツでは健康保険の利く転地療法的なもので、海水のミネラルの吸収効果で温泉療法以上にいろんな効果がしてきされている。

奄美長寿・子宝プロジェクトによると

体内の細胞の働きを活性化し、心身を蘇らせ、生活習慣病予防を始め、ストレス解消や美容効果などが得られるといわれる。

海水プールでの一定期間での検証では、下記のことが認められている。

1、皮膚のかゆみ、胃腸の調子、関節痛,動悸・息切れなどの不定愁訴の改善
2、全身持久力(最大酸素摂取量)の改善
3、糖代謝異常などの改善

田舎の町、金が無くとも自然は一杯、使えるものは何でも利用である。

これだけ効能があれば、放っておく手は無い、生活習慣病関連だけでなく女性にだってうってつけと思われる。
スポンサーサイト
[ 2010/07/06 21:37 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの7月(10年),6時間泳完泳 

7月4日(日)・すさみ小学校プールにてバタフライ

朝のうち雨覚悟の状態でスタート、但しバタフライでの完泳狙いである。

兎に角20年近く本格的水泳練習から遠ざかっていたから、今回は距離で無く時間の勝負、如何に楽な泳ぎで長持ちするかである。

この1月から水泳練習再開したのは、余りにも生活習慣病の数値が悪く、其れを是正するための運動療法ゆえ、ゆっくり長時間の有酸素運動な訳だから、以前のようなインターバル練習でタイムあげるなんてことは埒外なのである。

バタフライ1

1時間目 1800m
2時間目 1650m
3時間目 1600m
4時間目 1550m
5時間目 1650m
6時間目 1750m

バタフライ2


大して泳げてないって批判より、永年練習から遠ざかっていたあと3週間で69歳にも拘らず、練習再開半年でバタフライで6時間兎に角やり遂げたということをお褒めいただきたい。

最初の1時間はどんより雲のたれた天候だったが、2時間目辺りから空に少しづつ青空の片鱗が見え出し、そのうちその僅かな隙間から太陽が顔覗かしだした。

徐々に太陽の出る時間が増えだし、4時間目以降は完全な青空で、これは背中バッチシ焼けそうだと思っていたら、心配した通りお風呂でひりひりするほど。

徐々に天気がよくなるにつれ気分が高揚して泳ぐ距離が増えてもよさそうだが4時間目までどんどん距離落としている。

5時間目・6時間目持ち直したのは、もう後が少なくなって腰や肩が痛くなったりしながら後が見えてきて昂揚感が出てきたためと思われる。

其れと3時間目に左足の土踏まずの辺りがつってきたことも原因で泳ぎのペースをより落とさざるを得なかった。

土踏まずのほうは300mほどゆっくり泳いでいる間に消えてくれた。

ところが4時間目になって、左足のふくらはぎの足首近くがつって来てこちらは、大いに心配したが、これも300mほど気を使いながら泳いでいるうちに消えてくれた。

5時間目・6時間目距離が持ち直したのは、そちらの意味もあったと思われる。

其れと今回プールで1人ということもあって、コースロープ張らずに泳いだわけだが、段々波が高くなって、後半随分水を飲まされたから、これが無ければもう少し距離が伸びていたかも。

一応6時間バタフライ完泳できたので、今度は秋のマスターズに備えてインターバルも取り入れていくことになろう。
[ 2010/07/04 21:46 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの7月(10年),6時間泳に挑戦 

海開き神事、いよいよ夏・「チャレンジ24時間泳」

7月1日

すさみ町の海水浴場が正式に海開きするための神事を稲積ビーチで行われた。

当方も今夏は海を使ってのイベントをすることもあって神事に出席した。

水中ウォークの希望者募り、浅瀬で生活習慣病の予防と対策である。

町に無い温水プール建設への足がかりである。

浜辺にテントが2基、神主さんが祝詞を上げ玉串奉納で安全の祈願。

神主1

町長、観光協会会長の奉納に引き続き出席者全員が奉納。

昨日からカラッとした天気で梅雨の中休みか、夏思わせる気候で何ともタイミング良好である。

これだけ天気が良く水温も上がりそうだから、4日の6時間泳の挑戦、小学校のプールでなく浜辺でも良かったかも知れぬ。

只浜では250mごとのターンで岸壁の貝殻で、足怪我する恐れもあり、なので小学校のプールですることにした。

実は7月3・4日、大阪の茨木高校のプールで、日本遠泳協会の主催で「チャレンジ24時間泳」が行われることになっている。

レースのメインは6人が交代で4回繰り返す24時間リレーであるが、中に個人の部があり、24時間、12時間、6時間の単独泳の部門がある。

その大阪のレースにほぼ連動して4日の9時から午後3時まですさみで泳ぐこととした。

プール1

2・30年前なら良くトレーニングしていたこともあり24時間泳に挑戦していたものである。

但し当時であっても流石にバタフライで無くクロールである。

尤もバタフライは30年近く前に8時間泳いだ当方の記録が日本記録で残っている。

ギネス突破と喜んだもにだが認定はされなかった。

今回は1月から十数年ぶりに泳ぎだしたということで、未だ体力往年の域まで戻っていないので、6時間泳ということにした。

それでも過去最高令の完泳者62・3歳ということなので、当方目下68歳11ヶ月なら日本記録更新だそうである。

クロールでそうだからバタフライなら当分破られぬ記録として残るゆえ、バタフライで挑戦してみて、駄目ならクロールに変えるという手もある。

未だ泳ぎだして半年だからか、2時間バタフライの練習で、必ず一度は足が吊る現象が起きる。

だから成功できるかどうかはそのつり方次第である。
[ 2010/07/03 11:55 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。