スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの11月(10年),温暖な南紀 

畑のこげ茶色の長い紐

畑にブッチョつれて出かけた、ブッチョと言ってもれっきとした雌のブルドッグである。

長芋を掘るためである、といってもブッチョが手伝うわけではない、で品に余り吼えるから連れて行っただけである。

畝たくさんあっても、畑借りた本命は長芋作りたいであったから、今年の試し掘りには興味津々でブッチョに気を取られていなかった。

所がブッチョの唸り声聞きつけて見に行くと、何かに向かって吼えているようである。

最近タマネギの苗植えたところを紐のようなものが動いている。

こちらはすぐさまピンと来たが、始めてみるブッチョは何か分らぬらしかった。

動きに合わせて追いかけてみると、どうも居つきの件のやつらしかった。

今年の春から見かけだした未ださほど大きくなかったのが、ひと夏越した今ではほぼ1人前に育っている。

この前から家内が見かけていた、日向ぼっこしているのが居るといっていた奴なんだろう。
流石に季節もあって動きは少し遅い、所がそんな癖に良く見ると体の半分より後ろの部分が微妙に膨らんでいる所が何箇所かある。
ひょっとしたらカエルでも丸呑みしたかもしれない、そんな時は流石に素早く動くのかも知れぬ。

ブッチョが吼えるもんだから、ミニトマトの植わっている畝の方に移動しだした。
ニョロニョロしながらトマトの畝越えてもう一つのほうに行って、気が付いたらそいつの頭消えている、それどころか胴体まで段々短くなって最期に尻尾しか見えなくなったと思うまもなく居なくなってしまった。
ミニトマトの畝の横の雑草の下に穴が開いているからシマヘビ其の穴に逃げ込んだようである。

最近の温暖化で冬眠しそこなって穴から出てきて日向ぼっこしていたらしい、それで動きもゆっくりしてるんだろう。
それとも温暖な南紀では冬眠なぞしないのかも。

細長いからだの癖にやけに顔小さくて小さな目が可愛らしいが、全体見ると何と無しに気味悪いから、ゆっくり移動して穴に逃げ込もうとしていても、掴む気にはならない。

この畑に居つきの蛇で何も悪さしない、只カエルやカニ食べたり、ネズミやモグラ食べて居るだけだろうが突然出会うとびっくりさせられる。

デモもうじきミニトマトの畝だって掘り返すことになるから、そんな下で冬眠しているんじゃ、鋤や鍬で可哀想で掘り返せないってなると多少実害あるのかなって思う今日この頃である。

スポンサーサイト
[ 2010/11/20 22:18 ] 南紀すさみの自然 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの11月(10年),マスターズ水泳大会 

年齢別水泳大会(鈴鹿)

1日目(13日)

ジャパンマスターズなど大きな大会も済み、結構遠来のチームが多い。


北は宮城から、西は愛媛まで各地で自慢が集結だけに日本記録も結構あった。

わが熊野SCは参加者11名熊野と串本で集結して2台別々。

3時半出発、串本でN氏・T氏を、次いで古座でH氏拾う。
其の先のN氏宅で、彼の車に乗り換えて5人で鈴鹿を目指す。

尾鷲市まで延々と42号線走り、そこから高速で鈴鹿市のスポーツプラザ。
プール着が9時半。

早速着替えてアップ、最初のレースが50mバタフライ。
兎に角今大回で出したタイムが、これからの塗り替える目標タイム。
それ故余りタイム良くても今後の楽しみ少ない、さりとて余り悪いのも練習の効果がないこと出これもpつらいところである。

順位何位か分らぬが最初のレース47秒93でが終わった。
飛び込んだ時は差もなかったが、残念ながらすぐに差を開けられていった。
昔は自分が差をつけただけに今は歯痒い思いである。
二十年前のベストが33秒だから、もっと早く泳げると思ったが、余りにもブランクが長く、年齢がいって弱った筋肉が取り戻せなかったようだ。

次は午後になって100mバタフライ。
日ごろ泳ぎなれない深いプールで、ターンの時に深く入りすぎ浮き上がって手を抜けないと言う大チョンボで泳ぎを止めて、其れを1度ならず2度もして、おかげで最後はバテバテで浮いてしまった。
タイムも2分1秒とインターバル練習中のタイムと変らぬ体たらく、疲れた割りに面白くない結果に終わった。

100mバタフライのすぐ次が100mメドレーリレーで即召集へ。
先のレースで疲れ果てた状態で大いに心配であった。

我が熊野チームトップバッターはバックのH氏が3位出引継ぎ。
次の平泳ぎでT氏が2位まで1人抜いて当方のバタフライに引継ぎ。
前のレースの疲労を心配していたが飛び込んでしまえばそんなことも忘れて遮二無二。
一人抜き去ってトップで引継ぎできたのは現時点としては上出来である。
アンカーのN氏がそのまま1位で帰り着き1分18秒出優勝。

25m*4のリレーで今回良かった、50m*4ならあそこまで持たなかった。
タイム戻すにはマダマダじっくり時間が必要である。

当方は出なかったが、100mフリーリレーでは熊野チーム1分0秒31と大会新記録のオマケつき。 

この日メドレーリレーの金メダル1と申告タイムでの銅メダル1で貰ったメダル2個。
但しメダル数多い関係かこれ以上小さいメダルなんて先ず無かろうというほどである。


2日目(14日)

この日の出場種目は400m個人メドレーと200mバタフライ。

先ず午前中に400m個人メドレー。
100mバタフライで疲れて浮いてしまった経験から、最初のバタフライ思い切り抑えて泳ぐ。
最初から差が開く一方だがついていくとつぶれるので、廻りは見ないことにした。
何とか100m泳ぎきってバックにかわったがバタフライ押さえた分いつもよりましに泳げたように思える、人との比較で無く自分とひかくである。
ついで平泳ぎ 手を伸ばしたところで休みを入れて何とか泳ぎ続ける。
最後のクロールに来てやっと完泳確信だが他の泳者の皆さんには相当置いて行かれた。

久方振りのレースで選ぶ種目では確かに無理がある。
ただ申告タイム9分43秒で本レース9分0秒43と自身としては大幅短縮出来、それなりには頑張ったことになる。

午後になって200mバタフライ、途中で棄権なんてしたくも無かったのでこのレースも順位関係無しに思い切りセーブしながらのスタート。
バッタと来ては当方と昔呼ばれたのが嘘のようである。
相当ゆっくり入っていながら腕の筋肉、疲労が溜まって後半になってもスピードアップが出来ない中でレース終了。

この種目も久方振りのレースで出る競技ではなかったと痛感。
400m個人メドレーと違って、申告タイムが3分43秒がレースでは4分30秒と1分近く遅かったがこれがいまのじぶんの実力、こんごの更新の目標タイムである。

今回のタイム測定が無ければ大会での自分の正味の実力がつかめぬから、今回の出場種目非常に厳しい思いもしたが今後の目標タイムの設定のためには良かったかも知れぬ。

只今後しばらくは25m50mバタフライの短距離に絞ってでるほうが良かろうと思っている。

取り敢えず今大会の自分の力をからみて、今後の目標タイムは25mバタフライ15秒、50mバタフライ38秒としてそれにそっての練習である。

本日のメダル、元々65歳以上の部では参加者が少ない種目ゆえタイムに関係なくメダルで銀・銅各1、申告タイムのほうも銀・銅各1の計4個。

同じ道を逆に戻って帰着は深夜の11時半。

兎に角13日の朝早く出発、そして14日の夜遅く帰着と、ハードなレースと相俟ってハードな日程であった。
[ 2010/11/16 20:17 ] 水泳大会 | トラックバック(-) | CM(0)

南紀すさみの11月(10年),愈々マスターズ水泳大会 

三重県鈴鹿スポーツガーデン行き

本日3時起きにて予定のところ少々早く目覚め、といって再度寝るには中途半端。

取り敢えずブログの更新と言うことに相成りました。

1月の年明け早々から串本のプールに、糖尿の運動療法で通いだして20年ぶりに水泳練習をやりだして、早11ヶ月少々。

ヘモグロビンA1C(過去1・2ヶ月の平均血糖値)も当初の9.7から6.7へ徐々ではあるが下がってきている、勿論薬の服用無しで。

9月からはマスターズ水泳大会狙っての練習に切り替え、といっても最低1時間の有酸素運動狙いの泳ぎは最低限の運動療法のノルマで其れからが徐々にインターバル練習。

所がメドレーリレーの25mバタフライから始まって個人種目のバタフライ50m・100m・200mと来て個人メドレーの400mまで申し込んでしまったから、短いのから長いの、オマケに個人メドレーの4泳法と広げすぎてしまった。

20数年ぶりのマスターズ復活にしては欲張りすぎた。

練習が短めに主眼置くとも長いのに置くとも決め打ち出来なかった、オマケに4泳法100m筒と来ては時間が全然足りない。

其れと20台から40台への体力の衰えにくらべて49歳から69歳の体力の衰えは思った以上で、インターバル始めたらすぐに20年前の記録に近づけると思っていたが、どっこいそうは成らなかったのである。

肩家背中のの筋肉見ていると20数年前に戻っているように見える。

所がタイム上げようとしても早い動きが出来ない、無理にやると泳ぎがむちゃくちゃになってちゃんとかけないから、力入れてる割にスピードが上がらない。

但し今回は練習でなく大会、泣き言ばかりではマイナス思考、よくなる要素を考えてみた。

1、いつも練習時、最初の1時間は運動療法に気を使って有酸素運動、それである程度筋肉使ってしまっていたからタイムが上がらなかったかも知れぬ。

2、大会の雰囲気の中周りとの競争意識で普段以上に頑張る。

3、1日の出場数が2・3レース、筋肉内のエネルギー源が有効に使われそうである。

と言うことで、楽観的に行くことにする。

どちらにしても今日明日の記録がこれからの自己記録で、乗り越える目標タイムである。


[ 2010/11/13 03:12 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの11月(10年),秋のイベント 

太地浦の鯨祭り

秋のイベントとなると周参見どころか南紀全体でとり行われる。

それどころか日本全国、どこかで毎日のように行われているだろう。

このすさみでも、稲積島の弁天さんの感謝祭で餅撒きがあると、町内放送していた。

こちらの方は何かあると餅撒きで、其れを拾うために相当はなれたところまで遠征する。

今日のイベントは町内でなく当地から1時間半ほど離れたところにある、かの「コーブ」で有名な太地浦の鯨祭りである。

過去にもいった経験のあるM氏とNさんと当方2名の4名で同行した。

祭りは漁港の広場に演台作って各種催しと、コの字型にテント張って物産売ったり、鯨に関係した食べ物の無料ふるまいが行われている。

鯨祭り1

特に人気があって行列が出来ているのは無料のふるまい。

鯨肉を焼いたのを試食させているところから手始めに、鯨ちゃんこ、鯨の茶漬け、はりはり鍋など。

当方も焼いた鯨肉食べた次に並んだのがイセエビの味噌汁のテントがあったので、すでに人の行列長かったが、意に介せずに並んでみた。

鯨祭り2

30分は待たされたと思うが、実はそれだけの値打ちがあった。

イセエビはイセエビでも小さく切り刻んだのを放り込んであるものと自分で勝手に決めていたんだが、何と1匹の半分が無造作に放り込んである。

鯨祭り4

これを無料で食わせてくれるのだから剛毅なものである、来た人 気を良くして帰ることだろう。

鯨祭り5

それだけでなく鯨ちゃんこと、最後に大阪の鯨料理店の徳家が総出と思われる人数ではりはり鍋を振舞っていたのを食べると結構腹が一杯。


演台ではいろんなことをしていたのだろうが、こちら食い気に気が行って太鼓の音がしていたこと程度しか分らぬ。

無料のふるまい以外にも鯨関連の食品や太地との提携先の長野の白馬からりんごやお焼きの即売など。

当地でも5月にイノブタダービーのイベントがあり、イノブタ汁の無料のふるまいが行われるが、それ以外のイノブタの焼肉とかイノブタカレーなどは全て有料で、太地の太っ腹振りが際立つ。

只雰囲気的には、砂浜と一段上がった芝生と目を和ませる当地に比べて、コンクリートで全て固められた太地の漁港とでは比べるも気の毒と言うべきである。

人手のほうは、比較がしにくいがに多様なものか少し太地が多いと思われる。

我々4名、何がしかは買いはしたが概ね振る舞いの品々で充分満足して、其れこそ満ち足りた気分。

但し皮肉なことに鯨祭りの主役の鯨と言うより、半分に切ったイセエビがぶち込まれていた味噌汁のほうに軍牌が上がっていたのは皆の思いで、多分来年もこなければと思って帰ったことだろう。

帰りに、鯨の出現を見張る望楼のある岬の先端に廻ってみた。

鯨祭り7

余り訪れる人も居ないようだが、人の混雑もなく却って落ち着いてよかった。

鯨祭り8

其の近くに、近代的なその昔の風景を壊す建物があり、何かと見たら落合博光記念館と出ていた。

名画が鑑賞できる美術館でもない個人の記念館で、入場料2000円は無いだろうと開いた口がふさがらぬ思いであったが、1日の入場者が数名とのことでさもありなんである。

そんな人里離れた望楼のしたの岩場に釣り人が居るのにも感心である。


鯨祭り9


[ 2010/11/07 21:33 ] 南紀の地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの11月(10年),インフルエンザワクチン 

疑惑のインフルエンザワクチン

実は最近、町の役場からインフルエンザワクチンの注射の補助の通達が廻ってきていた。

本当は幾ら掛かるか知らぬが1000円で予防注射が出来ますよという事らしい。

当方は只なんとなくウツラヌだろうという漠然とした自信で安くなったからとてうつ必要はないと断ることにした。

それで当方はやめるが、家内には予防注射しておいたらと勧めたが、家内も不必要と断ったらしい。

当方は生活習慣病だって薬に頼らず、運動療法と食事療法で直すと決めて現在数値良化に向けて降下中だから、インフルエンザごときでワクチンなんか全くもって頼る気にはなれぬと頑張るのもご理解いただけよう。

むしろ薬と来れば条件反射で副作用と考えてしまうから、今気にせず使って居るのは目のためのブルーベリーぐらいのものである。

ところがネットサーフィン中に面白い記事をアップしているブログに行き当たった。

上記の当方の考え方が間違っていなかったと後押ししてくれる内容で、飛躍しすぎた点もあるので、誰でも簡単には信じにくい内容である。

勿論このような内容についても大手マスメディアはスルーである。

以下に其の一部を抜粋する。



明日から11月ですが、 日本の政治・経済・国民生活は菅内閣になってからというものの、首相(内閣)自体が先導して日本を地獄に突き落とすかのような日々が続いている。 

先月あたりに役所から「インフルエンザ注射接種」のお知らせが封筒で来ていたことを思い出したので、インフルエンザについて少し書こうと思う。


当ブログでも過去にインフルエンザは(米製薬会社と米政府によって)米軍の細菌研究所で作られた細菌兵器の1種だ と書いたことがある。 あの豚インフルエンザ(新型と故意に名称を変えたが)が全世界でパンデミック状態になりかけたときにも「インフルエンザワクチン接種をするな」と警告した。 はっきりいって効果がないだけでなく、副作用を及ぼすことのほうが多い。 これは米製薬会社が儲けるための殺人プロパガンダのようなもので、当然、当時首相だった麻生のところに米製薬会社のトップたちが輸入促進詣をしている。 これに世界のマスゴミも加担している。

その結果インフルエンザワクチンを税金で大量に買い(買わされ)、結局は大量に余ってしまったことも記憶に新しいではないか。


それ以外にも菌の拡散を恣意的に飛行機を使ってやっているとのことや、其の時ケムトレイルという飛行機雲のようなのが豚インフルエンザの流行地で多発した話であるとか、そういうことをマスメディアでは報道しないとかちょっと其の思考に、ついていきかねるところもある。

ただ「効果がないだけでなく、副作用を及ぼすことのほうが多い。 これは米製薬会社が儲けるための殺人プロパガンダのようなもの」と言う点においては何と無しにありうる話のように感じる。

ベトナム戦争やイラク戦争を見ているとアメリカと言う国は儲かりさえすれば何でもありの国と分るだけに100%嘘などといえない。

9.11だって自作自演でアルカイダのせいにしていたが真っ赤な偽りと最近では感じている。

戦後65年、そんな国の属国どころか植民地にされていることすらマスメディアは知らせないし、アメリカにそむいた、時の総理大臣が失脚させられたり、非業の死を遂げているのが一人や二人と言う生易しいものでないことも、一切報道しないどころかアメリカサイドに付いて生地を書く。

小泉・竹中路線がアメリカのため何百兆もの郵貯の金をアメリカに貢いだことだっていろいろもれ伝わるが、マスメディアが真実を報道して大方の国民に覚醒うながすなんてことは望むべくもない。

それどころか小沢政権が誕生すればマスメデイアの立ち位置に齟齬がきたすとばかりに、ありもしない、説明責任も果たせぬ「政治とカネ」なる黒い霧作り出して検察ともどもに
捏造報道を繰り返して冤罪作りの血道を上げる。

こうなると一人小沢氏が迷惑こうむるだけでなく「国民生活が第一、政治主導、アメリカの植民地からの脱却」掲げて戦う政治家を抹殺しかねず、日本国民が又日本が大損害をこうむるわけである。

ところが悪いことは出来ぬもので、村木事件で検察の信頼地に落ち偏向マスメディアの方も一部の国民気付き出し、新聞解約で経営に打撃なんて事が出てきている。


インフルエンザワクチンから大分脱線してしまったようだが、当方注射断ったことで効きもせぬワクチンにカネ使うこともなく、それどころか副作用の心配もない訳で一応メデタシである。

兎に角何だって一度は疑って掛からねばならぬということは厄介は厄介なのである。

[ 2010/11/02 21:23 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。