スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月(11年)司法の崩壊 

陸山会・元秘書3人の判決

こんな南紀の先端近くのド田舎では、何を嘆いてもごまめの歯ぎしりに過ぎぬことは百も承知である。
百も承知しながら、あまりの正義とかけ離れたことが行われている世間に憤懣なのである。

陸山会関連の元秘書の裁判において登石裁判長が3人全員に有罪のとんでもない判決を下した。
もともと当裁判官はまず無罪判決を出すことがなく検察べったりを危惧されていた。

大手ますメデイアに十分洗脳されきっておられる方々からは、お前一体何を言い出すものかと不思議がられることであろう。

誰でも司法とは正義を実現するもの思いたい。
そして検察にいかようにも起訴されようとも正しいことは正しいと判決が下されることを期待し、冤罪や捏造なども正されることも期待している。

「世に神なるものの存在があり、それでも地球が回るというようにいずれ正義が行われることを期待する」ことがノウ天気な人間と馬鹿にされ大笑いされる、摩訶不思議な状況が作りだされている。

今回の裁判で、何が真実か調べるほどに無罪としか捉えられないにも拘らず真逆の判決が出てきた。
司法自らが起訴事実に全く関係のない理由で堂々と有罪判決を下したのである、普通なら裁判長が気が狂ったとしか思えない。

この国の司法は何も機能していない、世界の独裁国家と何ら変わらぬ暗黒の状況である事を白日のもとにさらけ出した。

でもそれを大手メディアは正しく伝えないどころか恣意的にしか伝えず、盲目の扇動の容易な国民のなお一層の算出に腐心している。

日本の現状はは、立法、司法、行政の全てが、閣法制度、判検交流、裁判官の天下り先の確保という形で官僚という行政機関に集中している。
それ故検察に一旦起訴されたが最後ほとんどの場合有罪判決が出るわけで、裁判所は検察の追認機関に堕している、検察と裁判所が各々独立など考えられないのである。

裁判官に関して言えば、任用および10年ごとの再任用、昇進、昇格、勤務地、その他処遇のすべてを、「最高裁事務総局」にあり 裁判官は、この最高裁事務総局に逆らえない。
裁判官だって正義の実行者である前に白を黒の塗りつぶし、権力にひれ伏す出世浴に駆られたひとりの人間である。
しかしそれを全く正しく認識してくれていないから厄介で正義の味方のドンキホーテとなってしまうのである。

最高裁事務総局は。時の権力の側を常に見るゆえ、政治的背景ある問題については、裁判所の示す判断に政治的影響が色濃く反映される。

国策捜査と言われる案件においては正義というものより、平気で冤罪が生み出される素地というものが存在し、可惜有為の士が活躍の場を閉ざされるどころか鉄格子の彼方に追いやられたりする。

ただいくら大手メディアが隠して、正しく報道しなくとも、少しネットに触れさえすればいくらでも真実に触れることができる世の中になってきたことは事実で、多くの国民の覚醒を今しばし待たねばならぬ。

ただ原発事故においても政府・東電・東電より多くの金がまかれている大手メディアそれに御用学者が隠しまくったメルトダウン・メルトスルー・放射能だって誰一人知らぬものなしと言う状況ができたのもネットの効能である。

現状の日本がアメリカから未だに独立できていず植民地として金をむしり取られているばかりでなく不平等条約下にあり、一国の首相でいながらアメリカの指示・支持を受けて政治をしなければならぬ、また司法が機能せず冤罪の山を作り出す暗黒世界にある事もいずれ多くの人の知るところとなろう。

真の独立勝ち取る政治家の出現や正義が行われる司法が戻り、腐ったマスメディが崩壊していくことがいつか来ることを願って長生きをして見てみたい
と思う今日このごろである。
スポンサーサイト
[ 2011/09/26 22:35 ] 政治・経済 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの9月(11年)12号台風 

台風襲来と後遺症

ボランティア活動

9月早々からというより8月末よりまだ台風接近といえぬ頃より猛烈な雨。

3日のマスターズ水泳大会・4日のスイム誌のスイム駅伝の役員と大阪行き予定も2日より列車ストップに道路の通行不能で出場不可。
尤も大阪ではそれほど酷くもなかったようでv大会は決行だったようだ。

3日の昼ごろ室戸上陸というノロノロぶりで紀伊半島ではかってない雨量を記録、各地の川でオーバーフローに決壊、その上土砂崩れと大きな爪痕を残してくれた。

普通なら台風一過秋空で快晴となろところだが、今回は翌日の4日になっても雨一向に収まりそうもない。
多いところでは2400ミリ超えたそうで、当町の近くの白浜の日置川の河畔の安居でも1400ミリ超え故、当町だってまけていまい。

ただ我が家においてはさほどの被害も見当たらず、大したこともなかろうととんだ思い違い。

すさみ海水浴場では山から流れ出したものと見える大木や木株が所狭しと大散乱。
そのはずで橋が流されたり橋脚が水流で抉られたり、件数は少なかったが冠水も。
山の方ではあちこちで土砂崩れで不通。

ところが当町の被害なんてわずかなもので。白浜町では富田川の支流が本流の増水のため支流の水が溢れ出して、広範な範囲で各地で床上浸水。

山だらけの紀伊半島の内陸部では土砂崩れで家屋の倒潰や、土石流による塞き止め湖があちこちに発生台風の被害が未だ決着せず。

日にちが経つほどに古座川・那智勝浦・熊野川流域の新宮や紀北町の災害状況が明らかになりだした。
上流の本宮でも道路が寸断され熊野本宮大社ですら一部の建物で軒下まで冠水、神様でさえ今回の台風被害から避ける術がなかったわけだから人々の被害仕方のないことかもしれぬ。
お寺だって被害被っているから神も仏もないとはこのことかもしれぬ。

東北震災に応援に行った関係か、今回の被害に対応してすぐさま各地に災害ボランティアセンターが出来てボランティア参加希望者に対応し出した。

当方も町の社会福祉協議会の要請で11日・12日と白浜町の日置川オーバーフローした地域に出かけた。
川の下流からの川沿いの道 通行不能で山からの道、こちらも道の半分土砂崩れなんてところを通ってである、ガードレールが崩落なんてところはあちこち。

作業は泥掻きではなく、土砂崩れで流れ込んだ土砂の取り除き。
1日目は小型のユンボも入らないのでスコップや鋤やツルハシでの作業。
土だけなら有難いんだが瓦礫が一杯だからスコップが使いづらい。

2日目はユンボが入ることができたので掻き出した瓦礫を1輪車で移動だが、急な下り坂での移動だけに膝に来る。
1日中1輪者というのも、同じ筋肉使うばかりゆえ疲れるものである。

いずれにしろ2日たっぷりの土方作業。
ところが以前東北のボランティアの時もそうだったが、本来これだけ体痛めつけると翌日体の節々が痛むものだが、人のために成ることをしている身に痛みなんて残るはずがないと勝手に思い込んでいると不思議とそうは成らないから面白い。

だから泣き言言ってるのを聞くと、良いことして居てそれで痛み残るなんてことは有るものかと助言することにしている。
こういうことを見ると神の存在信じる気になる

 

[ 2011/09/15 21:44 ] 天災 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。