スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの11月(11年) 生活習慣病との戦い 

降圧剤服用忌避、風前の灯?

生活習慣病・検査と講評(11月1日)

JICAの既に提出した検査では生活習慣病抱えている関係もあって辛うじてなんだろうが一応パスしていた。

ところが派遣時期を年末出発の3次隊でなく来年3月下旬の4次隊を選んだ為再度検査をせねばならぬ羽目に。

それで10月24日に受診したもの結果は、血糖値218mg/dl 血圧172/86mmHgと惨憺たるもの。
以前の分でも低い評価受けていただけに今回JICA顧問医から何を言われるかが心配である。

検査項目にヘモグロビンA1cがなかったためここ1箇月・2箇月での血糖値の推移が分からぬ故血糖値が高い事の言い訳がない。

ところがここで神の助けが出た!

実は永年友だち付き合いを続けていた(延々47年)仲間というか友達がいる。
頑固でいかに排斥運動に励めども悪女の深情け、なんともしがみついて離れぬは水虫なり。
コヤツと、到頭ベトナム行きまでに決別する一大決心をした。

当地の病院の外科に行き(と言っても内科と外科しかないんだが)、水虫退治の内服薬をもらって服用中である。

凡そひと月のうち7日分服用して3週間開けて、そこで血液検査をして再度薬が出されを繰り返し、3箇月がかりの水虫菌掃討作戦である。
先月の28日がその4週間目で血液採取、ついでにヘモグロビンA1cと血糖値も検査してもらうこととした。

検査結果はその日の内に出ただが、いつも降圧剤勧めるが無視を決込んでいる、検査結果の講評する内科医が1日まで来ずというわけで再度1日に行ってきた。

JICA顧問医からのヘモグロビン6.7では血圧130以下に下げておかないと合併症の心配あり、そして最低でも6.5に早急に下げる必要あり、もし下がらぬようなら降圧剤も必要という、なんとも厳しい提案を見せた。

以前に出してあった検査結果の講評である。

少々のことでは医者のススメとはいえども、気に食わぬ提案は無視だが、今回のように派遣元のJICAの顧問医ともなるとそうそう無視とはいかぬがチト辛いところである。

ところが今回の検査では、なんとヘモグロビンA1cは6.5血糖値は157まで下がっていた。

「ところがここで神の助けが出た!」という所以である。

当初のヘモグロビンA1c9.7が6.7まで下げるのに10ヶ月少々、ところがそこから6.9まで戻ったり6.8や6.7を行き来してやっと今回の6.5まで延々1年がかり。

6.7以下に下げることを半ば諦めかけていたところでの6.5!

結局ここまで薬なしで頑張ったから、この次の水虫の血液検査時にヘモグロビンA1cも同時に見て、相談はそれからのことにしようと言うことになった。

と云うような訳で今もって薬なしで生活習慣病に挑戦中である。

今回は心して食にも気を遣う必要ありかも!

でも本当にベトナムでの中小企業の支援に、シニアボランテイアとして当方が必要とされているなら、なんとか神の助けもあろう。
TOEICのテストで奇跡が起きたように。
スポンサーサイト
[ 2011/11/08 20:47 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(1) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。