スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの10月(10年),24日東京でデモ 

10・24検察・検審を糾弾するデモ

デモのタイトルは「10・24検察・検審を糾弾するデモ」。主催者名は、「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」です。

実は東京でやる訳だからおいそれと参加と言うわけには行かぬのが残念である。

勿論検審・検察糾弾だから小沢氏関連のデモである。

なぜ「政治とカネ」でマスコミが叩き捲くる政治家のためのデモなんてどう考えても理不尽である、との指摘うけそうである。

デモそのように指摘する人は、果たして「政治とカネ」について、其の理由をはっきりいえるのであろうかと。

ただなんとなく小沢は土建会社から賄賂をとっていそうだからとか悪い人のような顔つきで説明責任果たしていないなどと、マスコミの聞きかじりをのたまう。

ところが其のマスコミは小沢が政権を取れば、自分たちの保身に具合が悪いとて攻め捲くっていることに気付いていない。

そして小沢つぶしのため、名誉毀損で訴えられかねないところまで貶め、検察リークを垂れ流して、小沢=悪を7・8割の活字を信じて疑わない国民に刷り込むことに成功。

ところが其の大元の検察が村木事件で分るとおり、事件を捏造する冤罪製造機関に過ぎない、検察審査会だって同様である。

ところが過去安保反対で時の首相の岸を糾弾などのデモは会っても、理不尽な扱いうけてる政治家のためにデモまでしようかと言う験しは知らない。

日本の行く末を菅政権に任せておくわけには行かぬ、キット日本を破滅に向かわせる、ここは小沢氏でなければ乗り切れないと心底思う国民の発露のようである。

今まで残念ながら自民党政権下においては日本はアメリカの属国と信じていたが、そこからの脱却のために民主政権が誕生したと喜んだのもつかの間,菅政権でも相変わらずである。

最近実は日本はアメリカの属国でなく、植民地に過ぎないと気付かされた。

詳しくは書かぬが、公共投資に630兆も使う羽目になり、其れが地方に付回されて夕張以下殆どの地方が巨額の債務になやまされるということの一端は属国なら起こりえない話で、植民地だから起きたと言うのである。

其のアメリカ様に頭たれる政権・官僚。マスメディアに何の気付きもしない国民ばかりでなく、ここは小沢氏でなければ日本の舵取りが出来る政治家がいないと真剣に考える人々がいるということである。

「政治とカネ」で攻め立てられているが、検察の捏造であり、冤罪であると気付いた人々が起こした、小沢氏待望のデモである。

再度言う、過去に国民の一部とはいえこのようなデモを起こしてもらえる政治家が居たであろうか。

活字になればなんだって正しいと盲信して、大手マスメディアに踊らされる人の覚醒を期待して、ど田舎からの発信である。
スポンサーサイト
[ 2010/10/23 22:29 ] 政治・経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/101-435b0f4f











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。