スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの11月(10年),秋のイベント 

太地浦の鯨祭り

秋のイベントとなると周参見どころか南紀全体でとり行われる。

それどころか日本全国、どこかで毎日のように行われているだろう。

このすさみでも、稲積島の弁天さんの感謝祭で餅撒きがあると、町内放送していた。

こちらの方は何かあると餅撒きで、其れを拾うために相当はなれたところまで遠征する。

今日のイベントは町内でなく当地から1時間半ほど離れたところにある、かの「コーブ」で有名な太地浦の鯨祭りである。

過去にもいった経験のあるM氏とNさんと当方2名の4名で同行した。

祭りは漁港の広場に演台作って各種催しと、コの字型にテント張って物産売ったり、鯨に関係した食べ物の無料ふるまいが行われている。

鯨祭り1

特に人気があって行列が出来ているのは無料のふるまい。

鯨肉を焼いたのを試食させているところから手始めに、鯨ちゃんこ、鯨の茶漬け、はりはり鍋など。

当方も焼いた鯨肉食べた次に並んだのがイセエビの味噌汁のテントがあったので、すでに人の行列長かったが、意に介せずに並んでみた。

鯨祭り2

30分は待たされたと思うが、実はそれだけの値打ちがあった。

イセエビはイセエビでも小さく切り刻んだのを放り込んであるものと自分で勝手に決めていたんだが、何と1匹の半分が無造作に放り込んである。

鯨祭り4

これを無料で食わせてくれるのだから剛毅なものである、来た人 気を良くして帰ることだろう。

鯨祭り5

それだけでなく鯨ちゃんこと、最後に大阪の鯨料理店の徳家が総出と思われる人数ではりはり鍋を振舞っていたのを食べると結構腹が一杯。


演台ではいろんなことをしていたのだろうが、こちら食い気に気が行って太鼓の音がしていたこと程度しか分らぬ。

無料のふるまい以外にも鯨関連の食品や太地との提携先の長野の白馬からりんごやお焼きの即売など。

当地でも5月にイノブタダービーのイベントがあり、イノブタ汁の無料のふるまいが行われるが、それ以外のイノブタの焼肉とかイノブタカレーなどは全て有料で、太地の太っ腹振りが際立つ。

只雰囲気的には、砂浜と一段上がった芝生と目を和ませる当地に比べて、コンクリートで全て固められた太地の漁港とでは比べるも気の毒と言うべきである。

人手のほうは、比較がしにくいがに多様なものか少し太地が多いと思われる。

我々4名、何がしかは買いはしたが概ね振る舞いの品々で充分満足して、其れこそ満ち足りた気分。

但し皮肉なことに鯨祭りの主役の鯨と言うより、半分に切ったイセエビがぶち込まれていた味噌汁のほうに軍牌が上がっていたのは皆の思いで、多分来年もこなければと思って帰ったことだろう。

帰りに、鯨の出現を見張る望楼のある岬の先端に廻ってみた。

鯨祭り7

余り訪れる人も居ないようだが、人の混雑もなく却って落ち着いてよかった。

鯨祭り8

其の近くに、近代的なその昔の風景を壊す建物があり、何かと見たら落合博光記念館と出ていた。

名画が鑑賞できる美術館でもない個人の記念館で、入場料2000円は無いだろうと開いた口がふさがらぬ思いであったが、1日の入場者が数名とのことでさもありなんである。

そんな人里離れた望楼のしたの岩場に釣り人が居るのにも感心である。


鯨祭り9


スポンサーサイト
[ 2010/11/07 21:33 ] 南紀の地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/106-7b57c616











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。