スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月、鈴木さんの死 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


鈴木さんの突然の死

南紀の上富田町に全国でも40頭、和歌山でただ1頭
の介助犬北斗と共にくらす鈴木喜代子さんがいる、と
云うより正確にはいた。

8月24日、ビッグユーにて鈴木さんと北斗の講演会
があって多くの人に感動を与えたばかり。
これが鈴木さんの最後のイベントとなってしまった。
和歌山TVでもその様子を夕方6時のニュースで流し
たから死後の記念となった訳で花を添えたことになっ
た。

テレビ1

テレビ2

テレビ3

其の4日後の28日に脳溢血で倒れて、急きょ病院に
連れて行ったそうである。
当方、ビッグユーの橋渡しで鈴木さんのブログ立ち上
げ引き受けた御縁で29日に娘さんから連絡があった
のである。

当方の周りでも脳溢血で倒れながらも、現在リハビリ
中の人、すさみのビーチ使い歩行訓練に励んだりして
いるからその時点では多少の楽観的観測もあったので
ある。

30日に、運び込まれた田辺ノ新庄にある国立病院の
紀南医療センターに行ってみたが、幾つもある持病の
事も有り未だ手術も出来ない状態との事で救急病棟の
ままで予断を許す状況にないことを理解した。。

9月1日(月)にどちらにするか、すなわち、そのま
まの状態を維持し延命を図る(もちろん意識不明のま
ま)か、多大の危険を冒しても回復狙いで手術をする
かが相談して決めるそうであった。

手術のするせんに関わらず、北斗の行く末がそのまま
で済むとも思えんかった。

非常に残念ながら実は2日の日にお亡くなりになった
との連絡が当方のるすに家内にあった。

同じ頃当方もビッグユーにて館長とあって、新聞の葬
儀広告見て知ることとなった。

大きな持病抱えながら、介助犬の紹介や福祉活動に動
かれていたのに頭が下がる。

その一端の紹介に生前僅かばかりでも関われたことも
、何かの御縁で不思議な気がする。
其れがビッグユーのはしわたしであった。

鈴木さんがお亡くなりになった。

このブログも、閉じるか、鈴木さんの遺志を生かすよ
う考えて介助犬の普及・啓発の為に残すとか、引退後
の北斗を書くとか、何らかの方針決定をしなければな
ら無くなった。

昨夜、田辺のベルコシティホールにて通夜があり当方
も出席させて貰って来た。
こちらに来て知り合いもいないことゆえ初めての通夜
となった。
勿論ベルコシティ、前を取ったことはあっても行くの
は初めて。

通夜1

通夜2


北斗も来ているかと思ったが北斗とであうことはなか
った。
鈴木さんの死と共に北斗は介助犬から引退を余儀なく
され、引退犬となるそうである。

まだ若いからと云って再度再教育して別の人の介助犬
となる事はないそうである。

其れに盲導犬のように引退犬の受け入れ先だって、き
まったもの介助犬には確立できていないそうである。


和歌山でただ1頭の介助犬であったから、少なくとも
今まで通り学校に訪問して介助犬の仕事ぶりみせて
啓発活動何としても出来る方策考えて貰えればと思っ
てみたりする。

北斗8


それだけに鈴木さんの死、ちと早すぎた気がしてなら
ない。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
[ 2008/09/05 17:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/11-e5fcad8b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。