スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの11月(10年),温暖な南紀 

畑のこげ茶色の長い紐

畑にブッチョつれて出かけた、ブッチョと言ってもれっきとした雌のブルドッグである。

長芋を掘るためである、といってもブッチョが手伝うわけではない、で品に余り吼えるから連れて行っただけである。

畝たくさんあっても、畑借りた本命は長芋作りたいであったから、今年の試し掘りには興味津々でブッチョに気を取られていなかった。

所がブッチョの唸り声聞きつけて見に行くと、何かに向かって吼えているようである。

最近タマネギの苗植えたところを紐のようなものが動いている。

こちらはすぐさまピンと来たが、始めてみるブッチョは何か分らぬらしかった。

動きに合わせて追いかけてみると、どうも居つきの件のやつらしかった。

今年の春から見かけだした未ださほど大きくなかったのが、ひと夏越した今ではほぼ1人前に育っている。

この前から家内が見かけていた、日向ぼっこしているのが居るといっていた奴なんだろう。
流石に季節もあって動きは少し遅い、所がそんな癖に良く見ると体の半分より後ろの部分が微妙に膨らんでいる所が何箇所かある。
ひょっとしたらカエルでも丸呑みしたかもしれない、そんな時は流石に素早く動くのかも知れぬ。

ブッチョが吼えるもんだから、ミニトマトの植わっている畝の方に移動しだした。
ニョロニョロしながらトマトの畝越えてもう一つのほうに行って、気が付いたらそいつの頭消えている、それどころか胴体まで段々短くなって最期に尻尾しか見えなくなったと思うまもなく居なくなってしまった。
ミニトマトの畝の横の雑草の下に穴が開いているからシマヘビ其の穴に逃げ込んだようである。

最近の温暖化で冬眠しそこなって穴から出てきて日向ぼっこしていたらしい、それで動きもゆっくりしてるんだろう。
それとも温暖な南紀では冬眠なぞしないのかも。

細長いからだの癖にやけに顔小さくて小さな目が可愛らしいが、全体見ると何と無しに気味悪いから、ゆっくり移動して穴に逃げ込もうとしていても、掴む気にはならない。

この畑に居つきの蛇で何も悪さしない、只カエルやカニ食べたり、ネズミやモグラ食べて居るだけだろうが突然出会うとびっくりさせられる。

デモもうじきミニトマトの畝だって掘り返すことになるから、そんな下で冬眠しているんじゃ、鋤や鍬で可哀想で掘り返せないってなると多少実害あるのかなって思う今日この頃である。

スポンサーサイト
[ 2010/11/20 22:18 ] 南紀すさみの自然 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/110-39a5fe3e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。