スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの12月(10年),田舎の新鮮な食料 

アイ
アイ

自給自足目指して

目下畑を借りて有機無農薬にこだわって3年になる。
見よう見まねといいたいが、廻り有機無農薬なんて余りこだわり持たないから其の見よう見まねが出来ない。
そのため馴れぬ事ゆえ 出来不出来の波なんて言うと格好がよいが、マァ殆ど不出来が多いが、畑130坪ほどあって家庭菜園にしては大きいこともあり不出来なりにでもなにがしかの季節の野菜で食卓飾ることも多い。

といって米以外は自給自足なんてところまでは未だはるか遠い道のりである。
所が最近になって土もよくなりだし、有機肥料の量もほぼ分りだしてやっと最近ちゃんと生育しだしてきたゆえ全く持って不可能でも無さそうに思えてきた。

其の上「塩撒き農法」の提唱者がしりあいのU氏ということに気付かされることがあり心強い味方が出来たというもの。
又新しい取り組みも出来そうである。

これから書くのは畑のことではない。

川でのモクズガニはすでに取り出して3年、こちらは立派に季節に合わせて人におすそ分けできるほどに獲れている。

こちらに来たのが5年半前、其の年の夏からイワシやアジ釣り出して食卓の足しにしだした。
勿論素人ゆえ、土地の者のように釣れる訳でもないが、それでも魚の多いときはこちらの釣り針にも食ってくれる。

イワシ・アジから始まって、メッキやグレなども釣り出していたが、何と言っても魚はあなた任せ、幾らつりの名人とはいえ魚いなければ釣りようが無い。

其の点 畑のほうが人の努力に負うところ多しと、畑やりだすに合わせて魚釣りから足が遠のいた。

所がここに来て、畑も落ち着いてきて、それに水泳指導のボランテイァも6・7・8月という事もあり風向きが変ってきた。

というのも最近付き合いだした元大阪人のM氏が無類の釣り好きで、相棒があるほうが良かろうと釣りにど素人の当方に何くれと面倒を見てくれる。

M氏も昔は人に教わったこともあって、こんどは当方のつりの師匠やくひきうけることにしてくれたようである。

近くに教えてくれる人がないといろいろ遠回りすることは、畑で充分分らされていたゆえ
当方にとってもありがたい話である。

少し前からイガミ(ブダイ)釣に連れられて地磯に行きだした。
所がこれが中々連れない、M氏には掛かるんだがこちらには一向に来ない。

それで1本の竿はイガミ用で、もう1本に他のが釣れるようにしているとこちらは何かと釣れてくれる。
当方も家内もイガミでないと食わないなんて贅沢言わない、何せ釣ったこちらの新鮮なものなら何だって刺身で食えるし焼いたって煮ても食えるからである。
以前釣りしていた時には釣れても皆が怖いと捨てるショウサイフグ、鍋にして食っていたほどで、内臓食わなければ、捨てることも無いといった按配で余程臭いと言うのでなければ先ず腹に収めた。

所が最近はカワハギや35センチのグレが掛かってくれたり、40センチのアイが釣れたりと、釣りを楽しんだ上、上等の刺身が出来る獲物にありつけるのだから、これはこれで面白い。
こんなのが釣れて帰ると、料理役の家内もルンルンで文句も言わない。

グレ1
上がグレ 下がサンノジハゲ

グレ2

グレシャブ

ただサンノジハゲは身は綺麗だが未だ少々鼻に付くのでこちらはブル共行きで、魚の大好きな彼らにとっては大変なご馳走ゆえ捨てかえることなんかはしないが、家内のボヤキを聞かされることになる。
釣った者が捌けということらしい。

今のところは未だ再開してそうたってもいないから大して釣れもしないが、こちらも畑ともども自給自足に近づければこれはこれで楽しみが増えるというもので、ど田舎なりの生活の楽しみというものである。
スポンサーサイト
[ 2010/12/08 22:02 ] 南紀すさみの恵み | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/112-ff7e744b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。