スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの1月(11年),畑の収穫物 

地産地消

P1010025f.jpg

昨年の夏は天候異変で畑の作物の出来が悪くてがっかりさせられたものである。

辛うじてソラマメが豊作であったが、春植えのジャガイモも良くなく尤もがっかりさせられたのはトマトでそこそこ実が付きだした頃に根切り虫に全滅に近くやられてしまった。

所が後半になって栄養補給がよくなったからか秋植えから見違えるほど育ちだしてきた。

ジャガイモにしてもブロッコリーやカリフラワーにしても今までと打って変わって大きく育ち楽しみにしていたら期待にたがわず結果を残してくれた。

赤カブや大根もそれなりに実り、後白菜も凄い育ちようだったがこちらは害虫に葉をめったやたら食い散らされたが、それでも見事に結球している。

写真は正月前に少し取り入れてきた分で、ジャガイモ以外はマダマダこれからである。

ジャガイモは5mほどの一畝掘り返しただけでお裾分けできるほどである。

地産地消と言ったって地元で取れたものをその地で消費するといった大きな意味ではない。

自分ところで作って自分のところで消費するのだから、これだって地産地消である。
オマケに目下糖尿の数値、薬使わず運動療法で水泳やって引き下げ中だから、尚のこと有機無農薬の野菜は貴重である。

買ったものならどの程度農薬使っているかは分らぬが自分で作っているものについては頑なに有機無農薬実践しているから全く安心できる。
多少気になるのは発酵牛糞や発酵鶏糞が、育てている時点でどの程度抗生物質使っていたかなど全くもって不明であるという点で、ここをクリヤーするためには知った安心の畜産農家見つけて、そこから購入するしかない。

只全く当てがないわけではないので今後のため調査しておく必要がありそうである。

スポンサーサイト
[ 2011/01/07 20:25 ] 南紀すさみの実り | TB(0) | CM(1)

地産地消

自分もいとこ(19歳)と野菜栽培やっています。

収穫した野菜は、安値で買い取っています。

少しでも野菜栽培への資金を皆で貯めていっているところです。畑仕事を始めて、1年半。

自然から様々なことを学んでいます。
[ 2011/01/08 07:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/116-13c4846a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。