スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの2月(11年),生活習慣病の検査結果 

2月18日・国保病院での検査結果
腎機能数値・血圧降下剤服用にNO

近は生活習慣病の検査は2月に1度である。

其れは当方の生活習慣病の検査数値が下がってきて毎月を2ヶ月に1度となった訳である。    
今月はいつも調べている検査以外にインシュリンが出ているかを検査して貰いたいと言うことで10日ほど前に国保の病院で血を採って検査に回していたことでその結果も聞くこととなった。。

血糖値はすい臓からインシュリンが出て数値が下がるのが理想である。
ただインシュリン出ていなくても、無理やり運動療法で下げているのかもしれない。
運動やめたら血糖値が即刻上がらないか気がかりだったからである。

いつもの検査の結果は 「尿糖」+ 「尿蛋白」ー 「血圧」160/73 「血糖値」(3H)143 「ヘモグロビンA1C」6.9

「ヘモグロビンA1C」前月6.7が6.9と0.2増えていた。
当方的には気になったが、医者はこれ自身はさほど問題に思っていないようであった。

運動療法としての水泳練習では、1月になってからは以前のように有酸素運動を徹底してやるばかりで無く、マスターズの大会に向けてインターバル練習で負荷の掛かりを上げている。
その影響があってヘモグロビンA1Cが0.2上げてしまったかもしれない。

むしろ問題とされたのは腎機能の検査結果である。

検査結果簡易プリント

○肝臓  問題なし
○コレステロール  問題なし
○蛋白  問題なし
○すい臓  問題なし
○腫瘍マーカー  問題なし
○貧血  問題なし
○リュウマチ  問題なし

上記ごとくいろんな項目で「問題なし」がでている。
多分1年前とは大違いである。

一番知りたかったインシュリンの数値は
○インシュリン(EIA)2.6  上限値 17 下限値 0
 C-ペプタイド(EIA)1.6  上限値 3.3 下限値 1.1
 
インシュリン出てはいるが少ない用である、これは今後半年毎程度に検査する必要がありそうである。

むしろ問題は腎機能関連の数値で
○尿素窒素 24.1  上限値 22 下限値 8
○尿酸  7.6  上限値 7 下限値 0 
○クレアチニン  1.14  上限値 1.04 下限値 0.61
 
悪いと言っても1割程度 そう大した数値とは見えない。

医者は腎機能が悪ければ 血圧高いのは問題。
と言うことで降圧剤服用しませんかと勧められた。
勿論即刻 丁重にお断りした。

この1年で随分生活習慣病に対して人並み以上に運動療法に励んで数値下げてきたわけである。
それ故ここで薬に頼るなんて気にはとても成れなかったからである。

前年の8月に受けた町の成人病の検診では「軽度の貧血が認められます」と言われた。
所が貧血に関しては、今回は正常値の範囲に収まった。

尤もその時点では「尿素窒素」21「尿酸」6.8「クレアチニン」1.14

尿素窒素・尿酸ともにわずかながら正常値であった。

但しクレアチニンはそのときの正常値の上限が1.30未満である。
それなら今回の数値でも良いと言うことになる。

その辺りをネットで調べてみると、

「尿素窒素」は、蛋白質が分解されてできる老廃物で、尿と一緒に排泄されます。

腎機能が低下すると、血液中の尿素窒素をうまく濾過することができないため、血液中の尿素窒素の量が多くなります。

尿素窒素が25mg/ml以上だと「腎機能の異常」が疑われ、80mg/dlを超すと、腎機能が極端に衰え体内に老廃物がたまる「尿毒症」が考えられます。


と言うことで22程度ではさほど気にすることもない。

「クレアチニン」は、筋肉が働くためのエネルギー源であるクレアチンリン酸の構成成分であるクレアチンの終末代謝産物です。
クレアチニン値は筋肉量に比例するため、女性よりも男性の方が高値を示します。

クレアチニンは腎糸球体でろ過され、尿細管で再吸収もされずに尿中に排泄されます。
そのため、糸球体ろ過率が低下する腎炎などで上昇します。


尿素窒素とクレアチニンの比が正常時は10:1を保つそうでその意味では22:1.14は2倍近い

この記事の中で当方に朗報は、「クレアチニン値」は「筋肉量に比例して」である。
目下毎練習日バタフライの練習に明け暮れている。
多分同じ年頃の人よりも脂肪少なくとも筋肉量は多いはずで、筋肉量に比例して数値が上がるのなら 少し程度の数値上昇はあっても良いことになる。

兎に角 薬の副作用の負の部分考えれば服用断ったのは正しいことと思われる。

何しろ昨年の今頃は血圧・血糖値ともに200以上ヘモグロビンA1C9.7で薬の服用断ったことに比べれば大した事ではない。

そのときは運動療法で下げると言った言葉通りに成らなければとモット真剣に考えたものである。

其れをここまで来て「何が悲しいて薬の服用」と当方が考えるても不思議なかろうと思って頂けよう。

目下のところストレス出さぬよう、糖質ゼロながら発泡酒 他人と飲む時は4本まで自分に許可しているし、アンパンやチョコレートだって食べたい時は気にせず我慢しないようにしている。
下手に食べたい飲みたいの思いがストレス起こして体内で糖分作る方が馬鹿馬鹿しいと考える、並みの糖尿患者と一線を画している。

タダ多少減塩に気配りしたり野菜の量増えたり特にタマネギの量が増えるなどの食事療法は行っているのは勿論である。
スポンサーサイト
[ 2011/02/24 16:21 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/125-0c6f90cb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。