スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの3月(11年),超巨大地震・東北地方太平洋沖地震・8 

ル・モンド紙報道 福島原発 「東電の罪」と「原子力ロビー」

これまでも震災以降の福島原発がらみの日本のメディアの報道はまさしく、小沢氏の冤罪・捏造の「政治とカネ」同様酷いもので殆ど東電を追求する記事が出ない。

まさしく東電は公共の電力を扱う企業として、不思議なほど新聞テレビに広告費が使われた企業で、年間340億からばら撒いているそうである、本来不必要な広告費である、競合他社がいないのだから。

それで納得いくことがある、東電役員に対する大手マスメディアの質問がヨイショに近い質問しかなく、今回の東電の放射能バラ撒きに対する追求と言うものが全くと言ってないことである。

それに過去にも書いたことだが、日本の原発関連の国の研究費予算3400億から在り、今回の事業仕分けでも温存されたようで、それらが東大始め御用学者と呼ばれる教授や彼らの研究室に配布される。

だから御用学者使ったニュース解説や特番なるもののコメンテーターで登場の御用学者が言うことは,録音していずれ 如何に酷い解説していたかの白黒つけるときが来よう。

勿論東電も酷いが、この利権がらみの原発行政生み出した自民だって追及することが山ほどあるが、民主だってここに来て原発にシフトしたわけだから同罪である。

それどころか、本来経営的立場を加地に重視しがちな東電押さえて、事故後すぐに廃炉の方向にカジ取りしていればこれだけ酷い放射能騒動起こすことも無かったろう。

だから地震が引き起こした津波までは天災かも知れぬが、わずか5.5mの津波で冷却ポンプや予備電源の齟齬きたすなんてのは明らかに東電の大きなミスで、そこを追及しきれなかったのは議会や議員の怠慢である。

其れを未曾有の震災のお陰で原発事故は不可抗力なんて真っ赤な大嘘である。
その上初期対応に大きなミスをしていながら、其れさえ気付きもしないバカ菅の存在がより人災大きくした。

日本や日本国民にとって今後長く大きなマイナス背負わすことをしながら、それどころかすでにアメリカの西海岸に放射能検出との報もあり、いずれ世界から恨まれ肩身の狭い思いを国民に押し付けることと成るのに、未だに辞職を一顧だにしない厚かましさで、1日辞職伸びれば1日不幸撒き散らす貧乏神を本人は千両役者気取りで演じている。

その上、猪八戒・枝野の「自主避難」だ、「今は未だ安全」である。
全く以って訳の分らぬ、但し責任逃れ紛々のコメントで、これだって被災者の身になって質問しようとする心ある記者なら幾らでも追求できようが、其れだってしようとしない。
いや記者がしようとしても本社が其れを許さぬのか、記者の質が悪いのかわからぬ。

内閣・保安院・東電・マスメディア・御用学者が揃って、大きな危機にも拘らず安全・安心みなして垂れ流すものだから当初国民何信じていいのか分らず、却って大きな混乱引き起こしてきたが、ここに来て流石に洗脳されてきた国民も徐々に気付き始めた。

それでもマスメディア相変わらずこれでもかと言わんばかりの御用新聞ぶりで、第二次大戦の翼賛新聞もここまでは無かろうと思うほどである。

所がひとたび海外メデイアに目をやれば、国内大手メディアのよい加減振りがはっきりと知らせてくれる。

当方はそちらのほうがはるかに信用できると見るが、誰もが同様に感じるかは分らぬ、相変わらず政府が嘘なんて付かない、新聞は正しいことしか書かないなんて活字になると全く信用してしまう層が残念ながらいるのも事実。

でも以下に26日のル・モンドの記事を翻訳した物を転載しておくので皆さん方自身の目で確認あれ。





FRANCE MEDIA NEWS 福島原発と東北関東大震災に関するフランスメディア・ニュース

フランス在住の翻訳に携わる有志グループが福島原発と東北関東大震災に関するフランスメディアのニュースをお知らせします。

Accueil Article suivant
福島原発 「東電の罪」と「原子力ロビー」(仏ル・モンド紙報道)

3月26日 23時45分(日本時間27日7時45分)

 仏日刊紙ル・モンドは26、27日版紙面で福島原発の状況と東京電力に関する特集記事を掲載している。「日本人は原子力災害を意識し始めているものの、未だ事故の重大性には気づいていないようだ」と冒頭で同紙の東京特派員は語る。特派員によれば、「新聞、民放テレビ局、インターネットのブログなどで語られる原子力専門家の話を聞いていると、この一連の悲劇の背景に「原子力業界のロビー活動」が見え隠れしている」という。

日本の「原子力ロビー」


 この「原子力ロビー」には原子力事業を総括する経済産業省と同省の管轄である原子力安全・保安院、電力各社、電気事業連合会(電事連)、そして発電所を建設する東芝や日立といった産業界の大企業が関与し、「非常に大きな資産と影響力」を誇っているという。また、原子力関連の官庁からの天下り社員が送られることにより、完全な「情報統制」を行うだけでなく、出版やテレビ局を通じて大規模な広告キャンペーンを繰り広げ「原子力は100%安全である」という神話を築いて来た。さらに、現在の与党民主党は原子力エネルギー業界出身の組合員が多い労働組合「連合」を支持層にしているため、2009年の政権交代後もこの状況に変化はなかった。同紙は、「この行政、監督官庁、原発建設企業そして電力会社間の緊密な関係が原発反対派を黙殺し、さらに原子力に関するあらゆる疑問を回避してきた」と指摘。電力各社は「1970年代以降から度重なる原発事象を隠蔽、改ざんし続けて来た。当時最も批判が集中したのは東京電力である」と付け加える。

安全よりもコスト削減


 ル・モンド紙は未確認の情報とした上で、「電力各社は長期的な原発の安全性よりも短期の利益勘定を優先し、世界で最も地震と津波が多い日本国土の危険性を考慮していない」という東電元社員の証言を紹介。福島原発は1956年に発生したチリ地震をモデルにして5,5メートルまでの波にしか耐えられるように設計されていなかったたため、地震発生時原子炉は自動停止したものの、冷却システムは津波の影響で完全に機能を失ってしまった。東京新聞では福島原発の建設に関わった当時の東芝の技師が「設計時の耐震基準が低すぎた」と告白している。

 経済産業省は「この危機が落ち着いた段階で東京電力の処遇を決める」としているが、「それまでの間、一体何人の被害者が出るのだろうか?」と同紙は問う。

 「日本が直面しているのは自然災害ではなく、人的災害である」という東芝元社員の証言、「福島原発は異常事象と作業員の被曝が日本で最も多い発電所」という共産党吉井英勝議員の告発、さらに原発保全作業は下請会社の経験乏しい作業員が行い、今現在大災害の現場で戦っているのもその作業員達である事実も判明している。事故後の対応の遅さに加え、地震と津波が発生してから2日間、周辺住民への被害よりも設備の保全を優先させていた経緯も厳しい批判を受けて当然だ。実際、地震の際に福島原発に派遣されていたフランス原子力企業アレバ社の8名は危険性をすぐに察知して真っ先に退避している。

過信した大企業 東京電力

 今日3月26日は東京電力が福島原発1号機の操業を開始して丁度40周年を迎える。
原子力エネルギーに着手して40年目の今日、東京電力は重大な原子力災害を引き起こす直前の状態にまで追いつめられている。さらに、事故後の対応が批判に晒されているにも拘らず、ガス価格の値上げを理由に4月の電気料金を値上げすることを発表。事故発生から29時間後に行われた記者会見以降公式の場に姿を現さない清水正孝社長にも批判が集中している。
 東京電力は従業員3万8千人と(2009年度)売上げ5兆円と1337億円の純利益を誇る世界4位の大電力企業である。

「原子力安全・保安院と経産省を始めとする原子力推進ロビーに支えられ「奢り高ぶった」企業の体質が、原発内の事象や技術報告の隠蔽を生み出した温床ではないか」と同紙は問う。
 しかし今回の事故により東電グループは解体の危機にあり、同社の原子力計画も中止を余儀なくされるだろう。ましては2012年に予定されていた新規原子炉2機の工事着工などは夢の話だ。

参考記事
"Silences coupables", Le Monde, 26-27/03/2011
"La compagnie d'e'lectricite' Tepco, arrogante et dissimulatrice", Le Monde, 26-27/03/2011

Publie' le 26/03/2011 a` 23h33
Accueil
Ajouter un commentaire

Retour sur le site classique
OverBlog pour mobile (c) Copyright 2004-2011

JFG Networks, tous droits re'serve's

スポンサーサイト
[ 2011/04/01 21:33 ] 天災 | TB(0) | CM(1)

緊急アンケートにご協力願います。

<あなたが一番悪質だと思う「原発御用学者」は?>
http://takashichan.seesaa.net/article/194530890.html

<原発御用学者一覧>
http://takashichan.seesaa.net/article/193202255.html

[ 2011/04/10 11:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/136-dfc9bfcf











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。