スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月、藻屑ガニのシーズン 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

藻屑ガニのシーズン

秋の訪れとともに川へ行くことが多くなる。
5分ばかり車でさかのぼったところである。

原地区

原地区2


太陽が貧富に関係せず遍満に照らしてくれるように、
自然に与えられたものが世の中にはたくさんある。

ところがそのような物でも既得権を主張して部外者を
締め出すものが多い。

漁業権なんてものも神に与えられたものを一部の者が
独占する仕組みになっている。

魚の環境を守り資源保護を図り、また魚や貝のの放流
養殖を図るというなら理解もできる。

資源の保護などお構いなし、あるだけ取り尽くし不漁
不漁と連呼。
こちら門外漢なんで違っていたらお許し願いたい。

底引き漁なぞその典型で、漁業になまじ進歩など無い
方が根こそぎ取れず長持ちする。

少し話がそれた、すさみの川小さいこともあって漁協
なんてものが川では存在しない。
もちろん漁業権なんてものもないわけである。

だから川のエビやカニを取るのに入川料などとられる
こともない。

当地に移り住んでの貧乏生活の中で、自然の恵みは生
活を潤す大切な存在となっている。

中でも波とで釣れるアジやグレとともにかわでの藻屑
ガニはうれしいそんざいである。

産卵のために秋に海に下るのを魚のあらなどを仕掛け
たカニ篭をカニの通り道と思しき所に仕掛け、カニが
入ってくれるのを半日か1日ほど待つのである。

この3日ほど前から仕掛けを入れ始めた。

当初3匹や2匹と出だし不調、まだあまり移動がないの
かと思っていたら13匹と来て今朝は30匹と入ってき
た。

藻屑ガニ2

藻屑ガニ30匹

カニ篭とカニ


入るの何でもかでも持ち帰ると資源保護に逆行するこ
とになるので小さいのはすべて川に戻すようにしてい
る。
ホントはメスもすべて戻せば恰好良いんだが、雌の方
が腹の子が楽しみなもんで、こればっかりは難しい。
その代りメスのほうがオスより多く戻すように心掛け
ている。

大抵、湯がいてそのまま食べることが多い。
ズワイガニやタラバガニのように大きくて足にしっか
りミがあるわけでなく少々小ぶりなんで、面倒がって
嫌う人もいる。

だが味は上海ガニの親戚だけあって、美味で当方には
好物で、この季節が来るのが楽しみである。

茹でガニ1

茹でガニ2


ただ取って商売するわけでもないので、同じところに
2つの篭沈めている。
でも夫婦2人で食べきれずおすそ分けできる程度には
とれ喜ばれることも多い。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/09/25 16:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/09/27 00:51 ] [ 編集 ]

読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
[ 2008/10/01 06:48 ] [ 編集 ]

おいしそうなカニさんですね

青森だと毛ガニが市場に出回ることがおおいのですが、上海カニの親戚という小ぶりなカニさんもミソがおいしそうですね。
大切な命をいただいているんだっていう気持ちと、カニを守っている人たちがいるっていうのが感謝の気持ちを何倍にもしてますね。
[ 2008/10/01 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/14-eb771692











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。