スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの8月(11年)JAICAボランティア2次試験 

シニア海外ボランテイア2次試験・受験と健診2

シニア海外ボランティアの1次選考にパスしていたことで2次試験受けるため東京に行ってきた。

岩手に震災ボランティアに行ったことでボランティアを考える機会と成ったということは前回のべた。

もともと大阪にいたときは金型屋の端くれで、発展途上国では設計や製作技術なら教えることが出来そうに思った故申請したわけである。

実は7月14日に1次の書類選考がパスしていて、それ以来水泳授業や水泳教室で水に入るとき以外は、ICレコーダーにTOEIC試験用のCDの内容を入れてレシーバーで聞きまくっていた、朝起きて寝る時までどころか寝る時だってイヤフォン耳に入れたままで
夜中におきて流石にはずしたことだって数知れず。

面接より何よりTOEICテストが最も気がかりの種で確かにこれほど英語漬けになったことは過去無かったはずである。

おかげでまったく英語耳が出来ていず、会話聞いてもまったく何言っているのか分からぬ状態がテスト前には、少なくとも意味が取れるところまでは行かなかったが,何を言っているのか言葉は聞き取れるようになってきていた。

ただしそれで英語で聞かれて正しい英文を選べるかといえばこれはまったく別問題で、神信じて3択・4択のどれかにチェックをいれるだけ。

リスニングよりリーディングのほうがまだましで意味とってチェックできるものもあったが、とにかく時間が足りない。
そんな速いスピードで英文を読み取る訓練などしていなかったから。

もし得点が要請国の希望に足りなくとも、まだ出発までは十分時間があるからそれまでに希望とおりに勉強しておくことで切に勘弁願いたいものと思いながら帰ってきた。

本来は2次試験が終わればしばらくはICレコーダーとも縁が切れるかと思ったが、そんな訳で相変わらずレシーバー耳にしたままである。

それどころか大阪に戻ってきて、健診2のため高校の同期の男がいまだに院長している病院によって、2日にわたって人間ドック並みの検査を受けてきた。

おかげで検査の間に時間が出来て本屋のはしごで、英語の勉強用の本や聞き取りようのCDやDVD買い込んで和歌山に30日に帰ってきた。

心臓エコーや内臓のエコー、胃カメラの代わりの胃透視など気にかかるところもあったがこちらは心配するほどのことも無いようで、後は血液検査の結果の日程が心配なところぐらい。
8日がJICA必着ということでこれは今もって心配事である。

マァこんなことでもなければ70歳にもなって英語勉強しようなんてことにもならぬ事ゆえ、たとえ落とされても買ってきた本やCD・DVDは無駄にせず使ってみようと思っている。

字幕なしで映画見ることが出来ればこの年になってであるだけにより大きな喜びである、但し買ってきたDVD(シャレード)字幕なしでかけてみるがまだまだ分かるところまで行かない、暫し掛かりそうである。
スポンサーサイト
[ 2011/08/01 20:21 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/150-62aca3ac











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。