スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月(11年)12号台風 

台風襲来と後遺症

ボランティア活動

9月早々からというより8月末よりまだ台風接近といえぬ頃より猛烈な雨。

3日のマスターズ水泳大会・4日のスイム誌のスイム駅伝の役員と大阪行き予定も2日より列車ストップに道路の通行不能で出場不可。
尤も大阪ではそれほど酷くもなかったようでv大会は決行だったようだ。

3日の昼ごろ室戸上陸というノロノロぶりで紀伊半島ではかってない雨量を記録、各地の川でオーバーフローに決壊、その上土砂崩れと大きな爪痕を残してくれた。

普通なら台風一過秋空で快晴となろところだが、今回は翌日の4日になっても雨一向に収まりそうもない。
多いところでは2400ミリ超えたそうで、当町の近くの白浜の日置川の河畔の安居でも1400ミリ超え故、当町だってまけていまい。

ただ我が家においてはさほどの被害も見当たらず、大したこともなかろうととんだ思い違い。

すさみ海水浴場では山から流れ出したものと見える大木や木株が所狭しと大散乱。
そのはずで橋が流されたり橋脚が水流で抉られたり、件数は少なかったが冠水も。
山の方ではあちこちで土砂崩れで不通。

ところが当町の被害なんてわずかなもので。白浜町では富田川の支流が本流の増水のため支流の水が溢れ出して、広範な範囲で各地で床上浸水。

山だらけの紀伊半島の内陸部では土砂崩れで家屋の倒潰や、土石流による塞き止め湖があちこちに発生台風の被害が未だ決着せず。

日にちが経つほどに古座川・那智勝浦・熊野川流域の新宮や紀北町の災害状況が明らかになりだした。
上流の本宮でも道路が寸断され熊野本宮大社ですら一部の建物で軒下まで冠水、神様でさえ今回の台風被害から避ける術がなかったわけだから人々の被害仕方のないことかもしれぬ。
お寺だって被害被っているから神も仏もないとはこのことかもしれぬ。

東北震災に応援に行った関係か、今回の被害に対応してすぐさま各地に災害ボランティアセンターが出来てボランティア参加希望者に対応し出した。

当方も町の社会福祉協議会の要請で11日・12日と白浜町の日置川オーバーフローした地域に出かけた。
川の下流からの川沿いの道 通行不能で山からの道、こちらも道の半分土砂崩れなんてところを通ってである、ガードレールが崩落なんてところはあちこち。

作業は泥掻きではなく、土砂崩れで流れ込んだ土砂の取り除き。
1日目は小型のユンボも入らないのでスコップや鋤やツルハシでの作業。
土だけなら有難いんだが瓦礫が一杯だからスコップが使いづらい。

2日目はユンボが入ることができたので掻き出した瓦礫を1輪車で移動だが、急な下り坂での移動だけに膝に来る。
1日中1輪者というのも、同じ筋肉使うばかりゆえ疲れるものである。

いずれにしろ2日たっぷりの土方作業。
ところが以前東北のボランティアの時もそうだったが、本来これだけ体痛めつけると翌日体の節々が痛むものだが、人のために成ることをしている身に痛みなんて残るはずがないと勝手に思い込んでいると不思議とそうは成らないから面白い。

だから泣き言言ってるのを聞くと、良いことして居てそれで痛み残るなんてことは有るものかと助言することにしている。
こういうことを見ると神の存在信じる気になる

 

スポンサーサイト
[ 2011/09/15 21:44 ] 天災 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/154-cb147aa8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。