スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの12月(11年)生活習慣病との戦い・2 

降圧剤服用忌避・遂に落城

前回 降圧剤服用忌避、風前の灯?ということで記事アップした。

運動療法だけで足りぬなら食事療法も併せてなんとかクリヤーの気持ちが強かったからである。

ところが11月22日に行きつけの病院に相談に行き。降圧剤服用の腹を固めた。
JICAの派遣という問題がなければ絶対頑張るつもりでいたが、寒さと共に血圧が高めで推移、これでは問題視されそうなので十二月5日必着で再検査の結果を送る必要がありそれまでに血圧下げておく必要が必須であったからである;

なるだけ副作用がないと言うことで、ノルバスク錠5mgを1週間分貰ってきた。
コレを服用することによって29日の検査が楽しみだったが、これがとんだ当て外れ。
自宅の血圧計ではそう高くはないが病院では高めに出る。

ヘモグロビンA1c前回同様6.5と安定していたが血圧の方は182と高すぎる値。
自宅では160以上にはいかないのだが、病院では15~20程度高く出るようである。

これでは送れないので、薬変えて再度29日に血圧だけ測って診断書作ってもらうことにした、変えてからの薬・ミカムロ配合錠4日分。
担当医、学会とかでほかの内科医に診断書書いてもらうことにした。

12月2日まで変えた薬服用して。血圧少し低めに出るようになったが、病院で図るとやはりこれが下がって出てくれない。
病院の廊下においてある印字式の血圧計で何度も測るが180から200の間を行き来している。
仕方がないので看護婦に頼んで手動の血圧計で測ってもらうと、辛うじて172。

さすがにこれではJICAに報告するには高いと気を使ってくれた看護婦、時間おいて再度測ってくれた。
彼女たちも当方がJICAのシニアボランティアの試験に合格しながら健康診断で待ったがかかっているのに同情してくれているようである。
今度は少し良さそうですと言って出てきた数値が152、140台ならもっと良かったろうがそうそう贅沢言えずこれで提出することにした。

折角だからと良い数字に気を使ってくれたわけだが、それなら少し数字細工してくれてもよさそうだが、嘘書く訳にはいかぬそうである。

以上のような経緯で2年近く薬飲めとの医者の勧め無視してきながら、とうとう落城においこまれた。
今回の件が無ければまだまだ頑張ったにと大いに無念である。

結局12月6日付けで条件付き合格と封書が来た。
毎月末、毎朝夕の血圧のチェックシートを送ること、数値が気に入らなければ派遣中止、治療一時帰国や期間短縮もありと脅しをかけられた。

ベトナムのハノイなら、当地より気候は暖かく、おまけに大都市で医療施設も、少なくとも当地よりは随分ましと推察する。

当地には内科と外科のみの病院とは名ばかりで常駐医少なく、足らぬ分は医者の卵が1年ごとに派遣されてくる僻地の診療所に近いから、はるかに派遣国のほうがマシと思える。

と言って頼る気も更々ナシ、しばし乗り切れば運動療法で治す方策検討するつもりである。




スポンサーサイト
[ 2011/12/12 21:42 ] ボランティア | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/157-cc3e37c4


まとめtyaiました【南紀すさみの12月(11年)生活習慣病との戦い・2】

降圧剤服用忌避・遂に落城前回 降圧剤服用忌避、風前の灯?ということで記事アップした。運動療法だけで足りぬなら食事療法も併せてなんとかクリヤーの気持ちが強かったからである。ところが11月22日に行きつけの病院に相談に行き。降圧剤服用の腹を固めた。JICAの派...
[2012/05/06 02:41] URL まとめwoネタ速neo









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。