スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの3月、当地の葬式 

南紀すさみの出棺・本葬

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

その1で通夜まで書いた。

これからその続きを書こうと思う。

南紀すさみの葬式4


まず翌日本葬まで何もない筈なんだが、こちらではそうじゃ無かった。

まず翌朝8時半出棺なんである。

実はいつでもこうなのか、今回特殊事情によるものかは確認していないので定かではない。

特殊事情というのは、焼き場が閉鎖され隣町に委託されることになっているんだが、この日が最後の営業日で、最後のお客という訳である。
故人、最後の最後まで名を残すことになった訳である。

理由は簡単で老朽化が進み、過疎化の進む町としては委託の方が助かるからである。

だから時間的制約とか、焼くのに時間がかかるから、待っている間に焼くのが困難という事情が有るのかも知れないからである。

だから出棺見送りでまたもや喪服に着かえることになった。
家ですっこんでいればそれはそれで済むことだろうが、マァ隣でもあるしで見送ることにした。

いよいよ3度目、またまた喪服に着かえて本葬に参列。

本葬は最後に出棺見送りがないだけでそんなに変わる事は無かったが、月曜日でもあり通夜ほど出席者無かったはやむを得ぬことである。

昨日届けられなかった香典持って行ったはもちろんである。

喪主の息子さんが陸上競技に関係していたためか、英会話のアメリカ人講師が参列していて一際異彩を放っていた。

アメリカ人講師、福岡マラソンやびわ湖毎日マラソンでるぐらいの実力者故陸上関係で来て不思議はない。

郵便受けに役席だか役職だかの書いた紙きれが入っていた人、仕上げ膳に出ることになっているそうである。
家内、裏方で手伝いした関係もあるのかも知れぬ、当方の名が書いた紙があった。

なお香典は、仕上げ膳に出なければ3~5千円で、出ることになっている人は1万円が相場ということらしい。

式の後、バスに乗せられて町一番のホテルに連れられて行った。
出席者、身内も入れると60名近くいたようで中々の大人数である。

さぞかし皆して飲むのかと思いきや、少し大型の折に手をつける程度、酒もビールが少々。
少し話をしたところで折包んで皆帰り支度。

案外あっさりで、田舎だけになんて思っていたらここも肩すかし。

地方によっては故人偲んで大酒盛りなんてことを聞いていたから、どうも変な先入観があったようである。

でもさっさと解放されて有り難いことではあった。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/04/01 20:50 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/33-a1eb3d6e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。