スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの10月、秋の恒例の珍しい祭り 

佐本の紀伊上臈ホトトギス祭

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


10月4・5日の2日間当地より山側に17キロほど入った佐本地区であった。

紀伊上臈ホトトギスは絶滅が危惧される山野草で、佐本地区の山中さんが15年ほど前から育てたのが佐本地区の気候があったのか

徐々に増えだし現在にいたっているそうである。

まず西野川の山中さんの第一会場に先に行ってみた。

いくつかの石垣に紀伊上臈ホトトギスが垂れ下がって咲いているんだが、なんと今年はその大部分がシカに食べられて丸坊主になっている。

ネットが張られて被害から守られている分も天候不順が災いしたかまだまだ6・7分咲きであった。

紀伊上臈ホトトギス

西野川の物産も置いてあったが、家内紀伊上臈ホトトギス育てて増やしたくなったものか一鉢かいこんでいた。

何とか枯れずに育ってもらいたいものである。

流石にど田舎だけあって赤白のきれいな花にはえらい虫がついて花びらかじっている。

花と虫


虫ごときは やはり蛇に負ける、木の枝に巻きついて紀伊上臈ホトトギス見に来た人が見つけて騒いでいる。

当方もわざわざカメラ持っていくのも面倒で写真が無いのでアップはできない。

こちらの川もきれいで、清流古座川に流れ込む支流で、アユは勿論藻屑ガニだってウナギだって取れる。

藻屑ガニ、大小取り混ぜて5ひき1000円、2ひき500円で売っていた。

藻屑ガニ

当方のカニ篭今年は大漁で多い時は100匹以上も入ることがあるからこの程度の値段で売ってさえちょっとした小遣いにはなる。

ネットで全国向けで売れば面白い事になるかも。

聞いてみればこちらでは一度で10匹か20匹程度で当方が100匹以上入ることもあると言うと驚いていた。

素人がプロに驚かれる訳だから仕掛けの場所やえさのアラ次第なのかもしれない。

当方はスーパーに頼んでアラを手に入れて、頭と内臓をたっぷり入れるようにしているのだが、それが良いのかもしれない。

例年こちらに来ると、天然のうなぎ弁当をいつも買うことにしているんだが、今年は入っているウナギがあまりに貧相に見えて買うのをやめた。

最近カニ篭に60センチ近くのが入ってくれて天然物をしっかり食うことが出来たからである。

次いで第二会場の桜井さんのオープンカフェに移動。

こちらにも紀伊上臈ホトトギスが育っているが、こちらもまだ満開とはいかぬ。

紀伊上臈ホトトギス


こちらの建物ログハウス風で手つくり部分が多いようである、あるいはすべて手つくりかも知れない。

当方も近々和室を洋室にリニューアルする必要があり、勿論金のない当方としては安い材料手に入れて手つくりしかできないから、参考になる。

客が来てから挽いて入れてくれるオーガニックコーヒーは香りも良くチーズケーキとも良くあった。

海岸際の現在の生活はそれなりに有難いんだが、この山中の環境もそれなりに良いものと映る。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/10/05 17:12 ] 南紀の地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/50-5e57c680











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。