スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの1月(10年)、糖尿病退治 

運動療法に水泳

昨年の暮れに糖尿病の先刻を受けたこと書いておいた。

それで12月の28日より糖尿病退治に水泳をやることにした。

只すさみには温水プールがないゆえ串本まで行かねばならぬ。

そして新年は5日の日から串本の海洋センターのプールに通いだした。

プール


当初はバタフライ100m・200mでつぶれる有様だったがそれでもトータルは2000m程。

其れがトータル3000mまで伸びる頃には1500mバッタも出来だした。

12日の4回目に血圧計の存在にきついて計りだした。

血圧計


泳ぐ前は198-81心拍数64

198気にしたら泳ぎにならないので忘れて泳いだ。

この日やっと1500mバッタ47分、1500mクロール40分で計87分で3000m完泳。

練習後の血圧122-81、心拍数104、植えの血圧の下がり方にビックリ。

5回目から、泳ぐ前と後とで血圧計と体組成計で測定することにした。

体組成計


その時々のデーターをあげてみよう。

昨年のスタート時69キロが、

練習前、体重65.2キロ、体脂肪率21.3%で脂肪量13.9キロ、筋肉量48.6キロ、内臓脂肪レベル14 やや過剰、肥満度11.5%。
    血圧188-83、心拍数64で一昨日より10下がったとはいえまだまだ高い数値である。

練習後、体重64.0キロ、体脂肪率20.0%で脂肪量12.8キロ、筋肉量48.5キロ、内臓脂肪レベル13 やや過剰、肥満度9.5%。
    血圧131-86、心拍数101,2回目計ると血圧116-79、心拍数98

練習、バタフライ1750m57分、クロール1600m40分後50バタ泳いで99分。

今回バタフライ1000mほど過ぎたあたりから体が以前の泳ぎ思い出し、頭と手が入水するときに、足の蹴りがタイミングよく蹴れるようになったから手を伸ばして充分休みながら進むことが出来るようになった。

スピードはともかくとして、随分と体が楽に泳げるようになったものである。

運動繰り返すことによって、平常での血圧も徐々であっても下がっていくように思える。

実は体組成計ではもっと興味深いことが起こっていた。

先ず体重が1,1キロ減の64.1キロ,体脂肪量が1.1キロ減の12.8キロ、其れに伴い体脂肪率が1.3%減の20%でその他は殆ど変わらず。

当方のバタフライ使っての運動は実に1回で、1.1キロも減少させるという画期的方法ということになる。

とにかく体重減少の全てが脂肪の燃焼ということから、当初69キロの体重が現在3,9きり減少ということは脂肪の燃焼が3,9キロである。

これから逆算すれば、元々体脂肪16.8キロで体脂肪率24.35ということに成る。

とにかく4キロ脂肪燃焼させることが出来たわけでこれはとんでもないダイエット法といえそうである。

6回目

練習前、体重65.9キロ、体脂肪率20.4%で脂肪量13.4キロ、筋肉量49.7キロ、内臓脂肪レベル14 やや過剰、肥満度12.7%。
    血圧168-85、心拍数66

練習後、体重64.1キロ、体脂肪率19.1%で脂肪量12.2キロ、筋肉量49.2キロ、内臓脂肪レベル13 やや過剰、肥満度9.7%。
    血圧148-82、心拍数108

練習、バタフライにて2000m57分にて達成、クロール1500m38分、計95分の3500m。

練習前血圧168-95と初めて170切った数値が出てきた、これでも結構高そうだが198と比較すればである。

体組成計測定値で先ず目に付くのが体重で前回練習後の体重64.0キロが今回練習前の測定では65.9キロとたった2日で1.9キロと大幅の逆戻りしたことである。

体重増加1.9キロにも拘らず、脂肪量の増加は0.6キロに留まり、筋肉量の増加が1.2キロ。

ほぼ3分の2が筋肉増加で、脂肪量の増加をはるかに上回っているいる。

3500m・95分の激しい運動量。

付け焼き刃の筋肉から0.5キロ絞られて体水分量0.4キロ減少、そして体脂肪が実に1.2キロの燃焼。

前回練習後と比べると、体重0.1キロ、筋肉量0.7キロ増加ながら脂肪の減少は0.6キロ。

確実に脂肪燃焼させている訳である。

体の機能、急激に減ったものは何とかカバーしようと自然に働くということが分る。

そのあたりも充分気をつけながら、運動続ける必要がありそうだ。

しかし練習前,後で測定することから体の機能まで類推なんて、随分面白いことが出てきたものである。

次回練習前の測定では今回同様体重増加がおこりそうである。

筋肉増加も亜rつかも知れぬし、脂肪の燃焼だって減ることだろう。

ある程度脂肪が減ってきた段階では即燃焼に繋がるかは分らぬ、そうでなければどんどん消費すれば極端には0だってあることになる。疑問に思っている。

そうならないよう何らかの防御反応が起こるはずである。

ウォーキングより水泳が糖尿対策、高血圧対策、中性脂肪・肝志望対策、ひいては生活習慣病対策としてははるかに有効であることが実証できそうである。

高齢者の医療対策としても、もっと手近かに温水プールが必要といえそうである。
スポンサーサイト
[ 2010/01/20 21:36 ] 南紀すさみの施設 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/65-c615c9d7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。