スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀のすさみの4月(10年),狂犬病予防注射 

狂犬病予防注射・飼い主の義務

昨日なら総合センター前で行われていたが私用で本日王子神社前を選んで3匹連れて行った。

1匹だけなら大した事もないがそう大きくも無い当方の車に3匹は厄介である。

ゆりチャン例のごとくバゲージスペースでブッチョが2列目の座席、あいチャンが助手席。

当方が運転で、家内が2列目でブッチョの押さえ役。

ブッチョが最も厄介で、つないでいても枕に噛み付くは座席乗り越え足りと大忙しである。

あいチャンは座席に臥せって大人しいから助かるが其れでも油断はならない。

以前買い物で駐車スペースに置き去りにしておいたら、あいチャン座席飛び越えて最も後ろのユリチャンと一戦やったようで、ゆりチャンともどもバゲージスペースで血だらけ。

ユリチャン短期決戦なら強いんだが延長戦になると息上がって逆転されるようでこのときもあいチャンが上になっていた。

ところが2匹の間のブッチョ大人しくしているわけも無く、あいチャンもユリチャンも足ビッコ引いていたがブッチョの仕業としか考えられない。

と言うようなわけで3匹一緒に連れ出すには余程監視の目が必要なのである。

ゆりチャンからすることにして後部のドアー開けるんだが、ゆりチャンなんかおかしいとて降りようとしない。

無理やりおろしたがあっという間に逆戻り。

獣医さん仕方なくそのまま背中に瞬間的に注射。

そのやり取り感じたか、ブッチョこれまた降りようとしない。

家内無理に引きずり降ろしたものだから怖がりのブッチョ家内の靴の上から噛み付いたようだ。

本気でがぶっとやった訳でなかったようで大事に至らなかったが怖さが一定以上募れば逆襲するのが困ったものである。

お陰で小さくなって背中見せていたから注射は簡単であった。

昨年なんか注射器持った獣医さんを、ブッチョ逆に追い掛け回して、獣医さんあわてて後ろも見ずに逃げ出したという何ともおかしな光景。

あいチャンは流石に大人しくなすがまま。


毎年3匹の狂犬病の予防注射には困らされるんだが、これも飼い主の義務とおもってやってきた。

でも一体これでどのような効果があるのか調べてみた。

何とここ50年日本では狂犬病の発生が無いそうである。

マァ注射しているから発生抑えているのかと思ったらどっこいそうでもない。

実は国内の犬1300万頭のうち狂犬病の予防注射するのは4割程度で残り6割がしていないとのことなので、注射しない犬が6割いながら、この50年間狂犬病の発生が無いと言うことらしい。

と言うことは何のためにしているのか全く持って分らない。

ところがそれだけではない平成14年以来ワクチンの副作用で145頭の犬が死んでいるそうで、こうなるとどうして止めないのか逆に不思議である。

それならいっそ止めてもらえばお互い飼い主も、役所も獣医も助かると思うんだが。

それによしんば狂犬病にかかった犬に噛まれても発病までに注射を打てば快癒するそうである。

ではどうしてワクチン止めないのかということについて利権がらみでは無かろうかというのが行き着いたサイトの意見である。http://netallica.yahoo.co.jp/news/120402

未だ狂犬病が抑えられていない国ならともかく50年にわたって発生の無い国で副作用の恐れ持ってのことだけに一考の要ありと思わざるを得ない。




スポンサーサイト
[ 2010/04/28 15:21 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/76-ea03603a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。