スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの5月(10年),生活習慣病対策会議 

プール利用による運動療法

昨年小学校の水泳授業の手伝いをした。

それで学童が使わない時に生活習慣病の対策や予防にプールが使えるのではと思い至った。

元々当地には温水プールが無い。

私設のスイミングスクールだって無いから、夏以外に泳ぎたければ田辺市か串本町に行くしかない。

田辺市j人口5万の町にスイミングスクール2つ、串本町は1つ、共に35キロ以上はなれてる。

人口5千の町では会費取るプライベートのスイミングスクール成り立たない、先ず生徒が集まらない、当地の3・4倍の串本町でさえ委託の町営のプール経営は赤字だそうだ。

温水プールは町営で無料ということにならなければ、経営も人集めも無理なのである。

只よそのスイミングのような使い方でなく、生活習慣病の運動療法にに積極的に使って医療費削減効果がでれば、維持費に金がかかっても医療費削減効果がそれ以上あれば良いわけである。

そして町に温水プールがあれば、都会からの移住者の受け入れに大いに力発揮すると思われる。

彼らの一番心配は医療の環境が都会ほど完備していないことである、ところが温水プール使って高齢者の健康維持に町がちからいれているとなれば、大いに共感を与えることになる。

それに、学童にとっても今は田辺・西牟婁郡の水泳大会、田辺のスイミングに通っている子が多い小学校が上位を占めている。

昨年、折角当方が教える以上決勝レースに残って活躍できるようにと、当地の小学校の子供たちに付き合ったが、如何せん天候不順もあって練習時間不足で惜しい子もいたが結局決勝には残れなかった。

其れが冬だって練習できることとなるから、皆決勝に残って自信つけることが出来るだろう。

当地の人の中でも田辺のスイミングに行って水泳遣りたいんだが余りに遠いので諦めている人だっている。

こちらも温水プールが町にあれば大いに喜ぶはずである。

町営プールで、町民皆泳を謳い、元気で明るく健康で長生き、オマケに医療費が少ないとなれば、長生きだが寝たきりで楽しみも無くオマケに医療費高額より、いくらよいか分らぬ。

といっても温水プール作れといっても、作るのも維持費も金がかかる、出すのは舌出すのもいやというほどの貧乏誇っている当地としては無理な話は100も承知。

それゆえ、実際に生活習慣病の患者や予備軍でデーター取りしませんか言うのが当方からの提案。

福祉センター内の地域医療の担当者に女性の看護師・介護支援専門員2名、町の環境保健課長と女性保健士2名と当方の7名が役場の会議室に集まった。

当方の説明で大体理解してもらえたようである。

学校プールの使用について学校長の許可は確認済みで、教育長に関しては環境保健課長から話してもらうことと成った。

後許可が正式に出た段階で、モニターの募集でこれは許可がでてからのこととなった。

最初に話を出してから実に半年が経過、ちょっとしたことでも随分時間のかかることと思わされることと成った。

当方の主張は町としても悪い話ではないと信じるだけに尚更である。

それにプール作るほうは、町民の健康維持のための取り組みだけに補助金だって期待できそうだから案外解決策はありそうで、むしろ維持費のほうが難題かも知れぬ。

これらも太陽熱利用や山だらけの当地の間伐剤利用という手もありで工夫次第でなんなとなる、最初からだめと決めてしまうほうが何一つ出来ぬことになる。
スポンサーサイト
[ 2010/05/31 17:30 ] 地域医療と生活習慣病 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/03 20:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/83-fa335e3d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。