スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの8月(10年),海のバリアフリー大会 

8月1日(火)・稲積ビーチで海の体験・バリアフリー大会

町挙げてはチト大袈裟だが障害者でも海のスポーツを体験してもらおうとてイベントが開かれた。

人出

勿論イベントには欠かせぬ料理の振る舞い、本日はカレー。

料理班

当方も手伝い頼まれたので、何を手伝えばよいか分らぬまま手伝うことにしていたが、前日準備中の役員している知り合いからシーカヤックの体験乗船のスタッフを頼まれた。

当方以前湾内の先の1文字波止に行くのに塩ビ製のカヤック漕いでいたので正式に習ったわけでもないが、承知しておいた。

ある程度の波でも漕いで行く事ができていたから、マァ出来るだろうと安請け合いである。

ところが当日集まったスタッフもっと素人ばかりでパドルの正しいこぎ方なんて殆ど分っていない。

町には8艇カヤックがあるんだが、誰も専門に習ったわけでもないらしい。

未だ当方の方がその当時、雑誌や本で漕ぎ方勉強していたからはるかにまし。

何とも心もとないスタッフの集まりだが、体験試乗の障害者や子供たちはもっと素人ゆえ何とか赤恥かく事もなくこなせたようだ。

P1010211.jpg

結構何回も何回も試乗者が来て相当こいだ覚えがある。

只日ごろ水泳で泳いで筋肉使っているからか、特別腕が疲れたと火、肩が凝ったなんて事もない。

オマケにきしから4・500m離れた1文字の波止まで泳ぎに行ってきた。

先日の雨の影響、岸近くだけでなく沖でも小さな藻などが漂っている。

我々はカヤックの担当だったが、小型のディンギーが5艇ほど持ち込まれていてこちらも体験試乗をやっていた。

ディンギー

この日結構風もあって帆に風受けたディンギー颯爽と走っているのが見事で、こちらが試乗させてもらいたかった。

イベントが終わって我々の後片付けは簡単に終わったが、ディンギーの発着に使ったもちこみの浮き桟橋の片付けの手伝いに借り出された。

こちらの方が大変でユニックでも使ってくれれば楽なんだが、人海作戦で2トンのダンプへの積み込み。

人数がいたから良かったというものである。

当方は6時間バタフライ泳ですでに焼けて一皮向けているから、日焼けも大した事はなかったが、真っ赤に焼けて風呂に入る時に大いに困るだろうと同情しきりなんてスタッフもいた。
スポンサーサイト
[ 2010/08/02 20:17 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/91-7fb444b3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。