スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの9月(10年),秋の収穫 

モクズガニ漁

世間では大阪の特捜の主任検事が証拠品のFDの改ざん事件で大騒ぎだが、何とかトカゲの尻尾切りが見え見えの様相。

その検事が大久保秘書の調書作っているんだから、小沢氏の「政治とカネ」だってマスコミ突くぐらいしないとおかしいし、鈴木氏だって冤罪の裁判やり直しを叫ばねばマスコミの存在価値無し。

という世間の騒ぎ関係無しに、ど田舎では季節が変れば其れに合わせて自然からの贈り物が出てくる。

但し今年はやけに暑さが長引いて自然からの贈り物に齟齬をきたしている。

果物や野菜に大きな影響があるようで、当方の畑だってトマトやキュウリの出来が全く悪い、辛うじて茄子やしし唐が補ってくれている。

昨年実が付かなかった柿だって、今年は豊作期待していたし事実実が小さい頃はたくさん見かけたものだが、最近実を捜さねば見かけぬほどに落ちてしまっている、一昨年の。たわわな実りが懐かしい。

9月も中ごろになると早い人はカニ篭を川に仕掛ける、又そんな記事が地方紙を飾る。

当方も最近になって、例年仕掛ける場所に仕掛けてみた、但しカニ篭2つだけである。

最初の日こそもう一つだったが其れから連日のように50・100と入ってくれる。

モクズガニ

ところが例年以上に小振りである、とって帰ったのを全てたらいにぶちまけて泥吐かせる間に多すぎて死なしてしまう。

それで死んだのは止むを得ないから畑の堆肥行きと成るのだがその他は逃がすことにしている。

中で少し大きいのは蒸し器で蒸すんだが、矢張り濃厚で美味い。

茹でガニ

メスはもう少しすると甲羅の中の赤いのが美味いが今は未だ少ししか持っていない。

これも今年の暑さで秋の訪れの遅れによるものかもしれない。





スポンサーサイト
[ 2010/09/25 17:22 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itgiken1.blog25.fc2.com/tb.php/97-d537cba5











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。