スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの四季、12月 山芋 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

山芋

実はこの地より少々川のぼった山際のW氏より山芋の
お届けがあった。

山芋と言っても、細長く育った長イモとヤマトイモや
自然薯と呼ばれるどちらかと云うと厚ぼったくサツマ
イモに似た形がある。

山芋3

頂き物、どちらかと云うと自然薯のようなものと思わ
れる。
当方も畑やっと1年になろうかと云う初心者故、その
辺りの詳しいことはとんと分らぬ。

当方畑に、長芋植えた横に少々ヤマトイモや自然薯も
植えていたんだがあまりにも早々と葉が枯れてしまっ
た。
よその畑ではまだ青々してるので、これはてっきり又
ドジやらかしたかと思っていたんで、頂き物ありがた
く頂戴した。

何でも1年ほど前、苗 山の裾に植えてほったままだ
ったものが結構そだったそうである。
ほったらかしで育ったそうである。

もっとも当方だって、長いもなんて植えてこの方なん
の手入れしてるわけでもないんだが、と云うより手入
れの仕方が全く分かっていない。


とにかく頂き物が最低あるということで、当方不作で
も何ということなしとて、ヤマトイモ、自然薯掘りだ
すことにした。

そしたら写真の如く多少育ってくれていて、これなら
長イモもひょっとしたらなんて助平根性が出だした次
第である。

山芋5


あと2週間ほどして掘り出してみる心算である。

こちら1メーター越えの長いのが狙いだけに本当に育
っていれば掘り出すのが大変かもしれないが、そうな
ってくれれば、うれしい悲鳴でぜひそう有りたいもの
である。

なお頂き物の方、凄い粘りで濃厚でなかなかのもの
、当方ののは細手の文食べてみたが、適度の粘り
気で少々あっさりとした感じ、いずれにしろ買ってくる
モノよりはお値打ち品と思われる。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2008/12/03 09:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの11月、実りの秋 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

実りの秋

畑には1本の大きな柿の木がある。

残念ながら渋柿であるが、干して冷たい風に当てると
渋が抜けてくれる。

こちこちまで乾かさずとも1週間ほどほして、実の柔
らかいのを食う方が当方にとって美味く感じ、結構食
べれる。

写真の量ほどを4回取ってるが、まだまだ採り切れな
いほど成っている。

柿


柿だけでなく、キャベツも白菜も結球しそうなところ
まで来ているんだが、実は虫どもとの戦いに負けてし
まった。

虫食い1

キャベツ


なまじ畑やる以上は有機・無農薬に拘った。
ある程度慣れてから有機・無農薬やれば失敗も少なく
て済んだが、やるなら最初からなんて意地になったの
が却って失敗広げたようである。

この1年振り返って、有機で土作り出来ないうちに始
めたため、先ず栄養不足を引き起こし、本来育ち始め
の栄養いるところで、栄養不足で大きくなりそこなっ
て、イジケタものしか出来なかった。

それに農薬徹底的に嫌ったため、虫にやられることが
多く、今回の白菜キャベツ、栄養も十分で生育は良か
ったんだが、虫にあっという間に軸だけ残して骸骨み
たいにされてしまった。

それでも凄い生命力、骸骨みたいに軸だらけながら結
球せんとする姿なんともイタイケである。

虫にやられてから急きょネット被せた畝に白菜とキャ
ベツに再挑戦することになったんだが、少々時期失した
様で、これはこれで寒くなるまでに結球できるかの心配
が残る。

それとまだほって居ないゆえ分らぬが長イモどうゆう
ことになっているかも心配である。

植えるまで石だらけの畑深く耕すのに随分手間暇かか
っただけに、期待と心配ない混ぜて気になっている。

落花生、本ではもう収穫時期に来ている筈なんだが、
いまだに葉が黄ばみ始めぬゆえ収穫待ち。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2008/11/17 16:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの10月、 朝焼け 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

朝焼け

当地は和歌山夕日100選にだって出てくるぐらい、夕日や夕焼
けの凄いの見れることが多い。

所が東に低いとはいえ山が迫っており、朝日が昇ってくるという
のは山から出てくる事を意味して、地平線から昇る時の幽玄微妙
を期待することはできない。

だからこちらで、朝面白い写真が撮れたなんて言うのは、虹がか
かっていたり、もやが水面たなびいてなんとも言えぬ写真が撮れ
たことがあっても、真っ赤な朝日が昇ってくる様や朝焼けに染ま
ったところが撮れた試しがなかった。


もちろんそんな訳で、少し前になるんだが、その日も期待してワ
ンコの散歩に出かけた訳でも無かったんである。

その日もいつも通り、散歩のワンコの順番、ゆりチャンからであ
る。

でもこの時はまだ6時では、お日さん顔見せるにしたら山が邪魔
してまだ薄暗い。

でも東の方の山の向こうには確実にお日さん昇っていると確認で
きる、薄赤い雲が見え出していた。

ところがそれが見る間に色ついて、一転空に綿がちりばめられた
ような雲どもがにそれぞれ赤く染まって、始めて朝焼けの写真を
取る気になった。

朝焼け1


もとより先月夕焼けの凄いの撮ったほど感動ものじゃなかったが
この日の朝焼け、この地ではなかなかこれ以上欲かくのは無駄と
いうものであろう。

そして僅かばかりの時間で消えていきあいチャンのときには殆ど
風情もなしの状態。

朝焼け2


朝焼けの本当に良いのが見たいとあらば、串本より東の紀東に行
かねばなるまい。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


[ 2008/11/03 11:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

南紀すさみの10月、波力発電装置の設置 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

波力発電装置

神戸大学などで作る波力発電の開発チームが、効率の
良い新システムの実用化に向けた最終段階の実験を、
すさみ漁港の防波堤の外側で始めた。

波力発電記事

神戸大学/神吉博教授によると「太平洋側の波のデー
ターを取り、来年度には実用化に踏み切りたい」とい
う。

波のエネルギーをいったん空気エネルギーに変える従
来の方式でなく、ジャイロという回転体を使う「高効
率ジャイロ式波力発電方式」で、2倍以上高効率で、維
持管理も比較的簡単という。

昨年まで鳥取港で実験していたが、並みの強さが大き
く変動する日本海側をやめ、年間を通して波のある太
平洋側のデーターを取るためすさみを選んだようであ
る。

大きさは横15メーター縦9メーターたかさ3.3メ
ーター。

海に浮かんでいる様は、007の悪の巣窟彷彿させ、
そういう見かたするとなんともおもしろい。

波力発電装置1

波力発電装置2

なお浮かんでいるところからすぐの海底13メーターに
は、TVでも良く取り上げられる海中ポストがある。

海中ポスト


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2008/10/24 19:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

南紀すさみの10月、紀伊上臈ホトトギス祭り 

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

紀伊上臈ホトトギスか天然ウナギか

すさみの町中から30分ほど山に入ったところに佐本
がある。

この時期の佐本はお盆のころの柱松の行事と並んで賑
わいをみせる。

紀伊上臈ホトトギス祭りが4・5日と開かれる。

紀伊上臈ホトトギスなんてなんとも長々しいが、また
なんとも優雅な名の花で適度の寒暖の差があり、日の
あたりにくい岩壁につり下がって、黄色い花を咲かせ
る。

紀伊上臈ホトトギス1

紀伊上臈ホトトギス2

紀伊上臈ホトトギス3

紀伊上臈ホトトギスノ里のいわれと碑がたっている。

紀伊上臈ホトトギスノ里

途中手作りの水車、今でもこのような遊び心に感心。

水車

30年ほど前に自然に生えていた花を大事に育てて、
今では佐本の特産に近いところまで育て上げた。
今年は英会話の佐本からの仲間がオープンカフェを開
くということもあって去年より早めの佐本行き。

花自身は去年の方が見ごたえがあったように思う。

会場は3か所あってオープンカフェは一番奥でログハ
ウス風の建物の離れで板の間にステレオのスピーカー
鎮座して195・60年代のモダンジャズが流れてい
る。

オープンカフェ・桜井邸

オーガニックコーヒーに手作りのケーキと少々こだわ
りで かく400円。

ここに来る楽しみもうひとつあって、それこそ花より
団子なんである。
実はこの辺り、かの有名な清流古座川の源流の一つで
アユだけでなくウナギが捕れる。
もちろん藻屑ガニだってとれ、3匹500円程度で売って
いる。
今年はどこも大きくないかして当方が捕ってくるのと
大差がな。い

ウナギのいる川

それでこの祭りに合わせて、特産品の野菜ともども天
然のうなぎ弁当が売られる。

ウナギ共

最近当方から10分ぐらいのところにウナギの養殖場
見つけて、中国産でなく正真正銘の国産味わえるんだ
がいくらそこのウナギうまいとはいえ、天然には1歩
も2歩も引けを取る。

そこのウナギの弁当、入れ物はコンビニ弁当のような
プラスティックせいでいかにも安っぽい素人然その物
なんだが、使っているのは近くの川でとった天然ウナ
ギそのもの。

うなぎ弁当

でもこんなところにも物価高騰のあおり化。昨年より
ウナギ少し小さく見えるのは貧乏人のひがみ?

でも値段昨年と変わらず、お茶付きで1000円。
まあこれで天然ウナギなんだから贅沢は言えない、お
かげでちょっとやそっとで味わえないのが食えるんだ
から、花より団子 ご理解ただけよう。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
[ 2008/10/04 20:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。