スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

南紀すさみの8月(11年)JAICAボランティア 2 

シニア海外ボランテイア2次試験発表(25日)

7月27・28日東京に行ってJICAの2次試験を受けてきた。

面接とTOEICの英語の試験。

面接はこの年(70歳)だからそう苦にもならぬがなんとしても英語の試験である。

試験の内容はリスニングとリーディング。

一番の問題はリスニングで聞き取って意味を理解してそれに基づいた問題の答えを書くことだが、涙ぐましい聞き取り練習である程度聞き取りの耳が出来だした様だが意味を同時に理解するところまで行かない。(ICレコーダーで速聴1日10時間はきいていた)

だから試験受けてどこまで出来たかという予想すら出来ない、如何に良い加減にマークしたのがたまたま当たっていたという行幸待ちというか、神頼みだったのである。

リスニングのほうはそんな訳でたいした期待も持てないところだが、リーディングはまだ少し期待できるところがあったが、こちらは量が問題で日頃英語の文章を速読なんて習慣がないから、あれだけ膨大な量を読み取るなんてとてもじゃないが考えようも無い。

今回が受験資格の最後だとわかったから、恥も外聞もついでに言えば年甲斐もなく受験したが、端から英語の試験の内容わかっていたら恐れをなして受験しなかったろう。

そのあたりで随分パスすることの困難さは理解できたんだが、ただなんとなく通りそうな気はしていた、と言うのは少なくとも発展途上国での技術支援は世の中の役立つことをしようとしているわけだし、多分良い加減にマークしたののがたまたま正解というのが結構あって行けるんじゃないかと変な自信があったのである。

その上生活習慣病で数値引っかかっていたところを、当方が受けた病院の担当医の悪意ある、「生活習慣病要治療」で「心臓も肥大でこちらも要治療?」こんなことかかれたんでは通るものも通らなくなる。
シニアボランティア、健康状態で落とされることが多々あると聞かされていた。

だから本来ギブアップであるとあきらめるところだがそこも過去薬のまずに数値良くしている最中であると言う資料を追加で送って、その上6時間バタフライ完泳の新聞記事まで同封して医者にかからず自己治療中を主張でなんとかクリヤー。

どこまでも努力が必要であると言うことと、その努力を相手に納得させることの重要性を認識。

最も心臓肥大は別の病院でエコーで問題なし,それと2次検診の内臓エコーや胃の検査やピロリ菌等も問題なしで健康状態良好と言うお墨付きさえついてきた。

合格内容特にTOEICのテストがどうだったかは今日発送されている郵便物に入っているはずだから今はわからぬ。
ただネットで合否の発表がありそれには確かに当方の番号が在った。

1次合格数が350ほどで今回2時の合格は105程度だから良く通ったものである。

今後の予定等はその郵便物がつくまでわからぬが、今度大阪に行ったときには多分任地ベトナムになりそうだからベトナム語の本とCDを買ってこなければならぬ。
しんどいのはこれからかも知れぬ。

多分いくと2年間は帰れぬから、当地でボランティアで教えている水泳教室も、水泳授業も出来ぬことになる。

授業のほうは多少問題ありとしても先生方がいることゆえ大したことではなかろうが水泳教室のほうは、代わりが見つからなければ出来ないことになる。
この27日の6時間泳・6時間リレー泳も今年できても2年間休むことになりそうである。

この前からひょっとしたら通るかも知れぬと、代わり探しているが今のところ見つかっていない。
[ 2011/08/25 16:32 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの8月(11年)、水泳教室のこと 

すさみ町公民館水泳教室・成果発表会

チャレンジ6時間泳・6時間リレー泳

6月下旬より小学校のプール借りて公民館主催ということで小学生の水泳教室を開いている。
水泳クラブの代わりである。

つい先日までは郡の水泳大会を目標にしていたが今は長時間泳がメインである。
長時間泳ぐということは疲れが出ない正しい泳ぎが出来なければならぬから競泳だって効果がある。

成果発表は27日の土曜日で以下の通りである。

すさみ町水泳教室・成果発表会

平成23年度水泳教室において多くの小学生諸君が練習に励んでまいりました。
西牟婁郡の水泳大会目指して参加した子供や泳げなかった子が泳げるようにと参加したり、また長時間泳げるようにと参加した子供などいろいろでした。
水泳教室参加者には、各自の泳力に合わせて成果の発表の場を設けています。
当成果の発表会では、単にタイムを競う競技でなく、長時間泳ぎ続けたり長距離を泳ぐことにより,まさかの事故による危険防止だけでなく、まさか出来ると思わなかったことをやり遂げることにより自信が出来、本人の将来的な積極性の喚起 に繋げる事を大きな目標としています。

以前は当町においてもすさみ海水浴場を利用しての遠泳が行われていました。
現在はそのような試みもなく、それに変わる乃至はそれ以上の子供たちの自信につなげるものをと考えております。

6時間リレー
1チーム6名で各30分が2回で泳いだ距離
6時間リレー
1チーム4名で各30分が3回で泳いだ距離
6時間リレー
  1チーム3名で各1時間が2回で泳いだ距離
6時間
  1人で6時間目指して泳ぎ続け、その泳いだ距離

日時     8月27日8時から14時 (雨天順延)
場所     すさみ小学校・プール
主催     すさみ町公民館
後援     一般社団法人・日本遠泳協会

[ 2011/08/23 14:02 ] 南紀すさみの地域情報 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの8月(11年)、日ごろの鬱憤 

「9・11テロに立ち向かった日系人」NHK

NHKの「9・11テロに立ち向かった日系人」を視聴した。

9・11テロの後アラブ系・イスラム系の人種差別政策に反対して立ち上がった日系人、その根底には第2次大戦下の日系人が受けた不当な強制収用所の経験があった。

同じ過ちをアラブ系・イスラム系に及ぼしてはいけないという思いからの行動。

その中で日系の3世・運輸長官ミネタ議員の空港でのアラブ系・イスラム系に対して断固差別しないという確固たる信念。
四面楚歌の中でのぶれない発言聞いていて、あっちに抱きつきこっちに抱きつき信念のないズル管と思わず比較して慨嘆してしまった。

番組の中で白人系のドイツ・イタリア系の人達は強制収容しなかったのに、黄色系の日系人のみ強制収用所で過酷な目にあった事実に大いに憤慨しました。

でも今彼らはアメリカ・レーガン大統領からその過ちを謝罪され補償もうけています。

ところがわれわれ日本人は敗戦から立ち上がりながらいまだに巧妙にアメリカの植民地政策から立ち上がれないでいる。

原爆投下にしてもいまだに謝罪の言葉もない。

アメリカの植民地政策にわずかでも叛旗どころか不平さえ許されず、少しのそぶりであえ無い最後を遂げたり政界から抹殺されたりは枚挙に暇がない。

田中角栄・大平正芳・橋本竜太郎・小渕敬三、最近では小沢一郎が仕掛けられ辛うじて踏みとどまっている。

NHKや他のマスメディアは,戦後65年の長きにわたって延々と植民地化されてきた事実に目をつぶり、なぜこの最も大事なことから国民の目をそらそうとするのか!

尤も読売はそうしても止むを得ない事情がある、あの社主の正力がCIAから誉れ高き「ポダム」なるコードネームをつけられていた訳だからアメリカ様の言うことを聞かなければ消される運命にあった。

だから紙面丸ごと原発推進に走り自身も選挙に立ち、原発担当大臣まで拝命もすべてアメリカ様の描いた絵のとおり。

読売だけでなく他のマスメディアも大なり小なりCIAに何らかの痛い尻尾握られていると理解せざるを得ない。

ということは大手マスメデイアが全て叩きまくった「小沢の政治と金」はまったくの冤罪・捏造事件で本当は現 執行部が束になってもかなわぬアメリカとも中国とも渡り合える稀有の政治家であると証明しているように思える。

いまだに大手マスメデイアの論調に乗って「小沢は黒」なんて思っている人たちが彼らマスメディアに本当は踊らされていることに気づいて貰いたいものである。


なお9・11テロの関してはアメリカの自作自演で決してアラブ系・イスラム系のよるテロではないとの多くの主張がアメリカ国内でもあるということを付け加えておく。
そしてその事が全く根も葉もない絵空事でないという根拠もありそうである。
[ 2011/08/15 22:06 ] 政治・経済 | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの8月(11年)JAICAボランティア2次試験 

シニア海外ボランテイア2次試験・受験と健診2

シニア海外ボランティアの1次選考にパスしていたことで2次試験受けるため東京に行ってきた。

岩手に震災ボランティアに行ったことでボランティアを考える機会と成ったということは前回のべた。

もともと大阪にいたときは金型屋の端くれで、発展途上国では設計や製作技術なら教えることが出来そうに思った故申請したわけである。

実は7月14日に1次の書類選考がパスしていて、それ以来水泳授業や水泳教室で水に入るとき以外は、ICレコーダーにTOEIC試験用のCDの内容を入れてレシーバーで聞きまくっていた、朝起きて寝る時までどころか寝る時だってイヤフォン耳に入れたままで
夜中におきて流石にはずしたことだって数知れず。

面接より何よりTOEICテストが最も気がかりの種で確かにこれほど英語漬けになったことは過去無かったはずである。

おかげでまったく英語耳が出来ていず、会話聞いてもまったく何言っているのか分からぬ状態がテスト前には、少なくとも意味が取れるところまでは行かなかったが,何を言っているのか言葉は聞き取れるようになってきていた。

ただしそれで英語で聞かれて正しい英文を選べるかといえばこれはまったく別問題で、神信じて3択・4択のどれかにチェックをいれるだけ。

リスニングよりリーディングのほうがまだましで意味とってチェックできるものもあったが、とにかく時間が足りない。
そんな速いスピードで英文を読み取る訓練などしていなかったから。

もし得点が要請国の希望に足りなくとも、まだ出発までは十分時間があるからそれまでに希望とおりに勉強しておくことで切に勘弁願いたいものと思いながら帰ってきた。

本来は2次試験が終わればしばらくはICレコーダーとも縁が切れるかと思ったが、そんな訳で相変わらずレシーバー耳にしたままである。

それどころか大阪に戻ってきて、健診2のため高校の同期の男がいまだに院長している病院によって、2日にわたって人間ドック並みの検査を受けてきた。

おかげで検査の間に時間が出来て本屋のはしごで、英語の勉強用の本や聞き取りようのCDやDVD買い込んで和歌山に30日に帰ってきた。

心臓エコーや内臓のエコー、胃カメラの代わりの胃透視など気にかかるところもあったがこちらは心配するほどのことも無いようで、後は血液検査の結果の日程が心配なところぐらい。
8日がJICA必着ということでこれは今もって心配事である。

マァこんなことでもなければ70歳にもなって英語勉強しようなんてことにもならぬ事ゆえ、たとえ落とされても買ってきた本やCD・DVDは無駄にせず使ってみようと思っている。

字幕なしで映画見ることが出来ればこの年になってであるだけにより大きな喜びである、但し買ってきたDVD(シャレード)字幕なしでかけてみるがまだまだ分かるところまで行かない、暫し掛かりそうである。
[ 2011/08/01 20:21 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)

南紀すさみの7月(11年)JAICAボランティア 

シニア海外ボランテイア受験

東北の岩手や宮城でのボランティアやって、出来ればもう少しボランティアの親分格に挑戦する気になった。

目下外務省の外郭団体・かの悪名高きレンホウ(最近もなでしこジャパンの快挙をツイッターで「オメデトウ」とつぶやき「スポーツ振興費仕分けしたお前に言われたくない」と炎上)なる女子の事業仕分けで生き残った団体のようだが、そのJAICAなる所のシニア海外ボランティア、最後の受験機会ともあって(69歳以下)申し込んでいた。

先月申請書と調書に健康診断を送っていたんだが今月の14日に1次の合格発表があり何とか書類選考には通っていたようである。

こちらの医者 当方の生活習慣病の運動療法で数値下げる遣り方では病院 検査費だけで治療費で儲からないからか、現在治療しないことに納得しながら「要医者の治療」なんて書いてくれた。
そのうえ心電図では、スポーツ遣る関係か多少心臓肥大気味らしいんだがこちらも「要治療」なんて大げさにかいてくれた。
「多少気になるが日常生活には問題なかろう」と書いてくれるのとでは雲泥の差で、腹立たしいことこの上なしである。

そんなこんなで、多少検診では引っかかると心配していたが、昨年の水泳での活躍ぶりのいろいろを新聞や雑誌に取り上げられた分を同封しておいたり、生活習慣病で検査で徐々に数値良くなっていく途中経過をコピーして送ったのが効いたのか何とか1次は通った。

尤も心電図に要治療なんてかかれたためかエコーの検査追加された。

実はこの28日にシニア海外ボランティアの2次試験で東京に行かねばならぬがそのときTOIECの英語の試験を受験することになっている。

こいつが最もネックで、いまだに英語耳が出来ていない当方は聞き取りに致命的欠陥を有す。

学校のボランティアで教えている水泳授業と公民館主宰の水泳教室に取られる時間以外は目下本買い込んで読んだり付録のCDを聞いたりで英語漬けである。

その猛勉強の甲斐あって、何とか最近聞き取りが少し出来るようになってきたが、といって意味までつかんで、選択肢の正・誤まで分かるなんてところはまだまだ手が届かぬ。

本日23日が当方の70歳の記念の日ながら、この年では英語耳作ることは絶対に不可能とも思わぬが簡単ではないと実感。

まぁ発展途上国で「先進技術や開発法」教えようと少なくとも「世の役立つことを遣ろう」とする訳だから、試験では「天の助けもあってしかるべし」とか「天は自ら助くる者を助く」などと厚かましく構えている今日この頃である。

そういうわけでここしばらく更新が出来なかろうと思っている。
[ 2011/07/23 20:26 ] ボランティア | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。